[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の失点阻止を“諦めた”右翼手アデル 米記者は疑問「球へのチャージを拒否」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。1点リードの2回、第2打席で2点三塁打を放った。投手としても101マイル(約162キロ)をマークするなど快投したが、4回に失点して連続無自責点イニングは32で止まった。右翼手ジョー・アデルの守備に米記者も疑問の声を挙げている。

アストロズ戦に先発しているエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
アストロズ戦に先発しているエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

右翼手アデルの動きに疑問の声

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。1点リードの2回、第2打席で2点三塁打を放った。投手としても101マイル(約162キロ)をマークするなど快投したが、4回に失点して連続無自責点イニングは32で止まった。右翼手ジョー・アデルの守備に米記者も疑問の声を挙げている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 失点を防ぐ気はなかったかのようだ。3点リードの4回1死二塁。大谷は相手打者グリエルに右前打を打たれた。二塁ランナーはホームへ突入。ここで右翼手のアデルはバックホームで失点を阻止しに行くかと思いきや、全くチャージする素振りも見せずに捕球。最初から諦めていたかのようなゆっくりとした動きで、内野手に返球していた。

 守備に難があることで知られるアデル。これにツイッターで疑問を呈したのは、全米野球記者協会メンバーのライアン・ローレンス記者だ。「ジョー・アデルはあのボールにチャージすることを拒否し、ホームでプレーを決めようとしたのか?」と、本塁でのタッチプレーを生むことすらしなかったアデルの守備を指摘した。

 ツイッター上の日本人ファンからも「アデルが一流になることは絶対にないと確信出来た」「なんで本塁でのアウトを放棄してるんだ?」「アデル、チャージしてよ」「アデルのやる気のないプレー」「やっぱり、やらかした」などと怒りの声が上がっていた。大谷は日本投手では13年に岩隈久志(マリナーズ)がマークした31回2/3を抜き、日本人最長記録を樹立した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集