[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、激走三塁打の直後に投げた“魂の162キロ”に米衝撃「この男に金を払え!」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。1点リードの2回、第2打席で2点三塁打を放った。投球でも3回まで1安打無失点、5奪三振と力投。三塁打を放った直後のマウンドでは、魂の101マイル(約162キロ)で相手の好打者ホセ・アルトゥーベ内野手を空振り三振に。米ファンからは「スライドステップで101は狂気だ」「三塁打打った後(笑)」などと驚きの声が上がっていた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。1点リードの2回、第2打席で2点三塁打を放った。投球でも3回まで1安打無失点、5奪三振と力投。三塁打を放った直後のマウンドでは、魂の101マイル(約162キロ)で相手の好打者ホセ・アルトゥーベ内野手を空振り三振に。米ファンからは「スライドステップで101は狂気だ」「三塁打打った後(笑)」などと驚きの声が上がっていた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 激走直後のマウンドで、気合の162キロを投げ込んだ。2回に2点適時三塁打を放った大谷。その裏の3回、1死一塁から対戦したのは17年MVP、首位打者3回などを誇るアルトゥーベだ。カウント1-2と追い込むと、最後は渾身のストレート。高めに決まったノビのある速球に、バットは空を切った。

 セットポジションからクイックモーションで投じた101マイルの速球を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏が映像で公開。「ショウヘイ・オオタニ、101マイル(約162.5キロ)」と文面で伝えると、米ファンも仰天した様子。「滑稽だ」「この男に金を払え!」「スライドステップで101は狂気だ」「三塁打打った後(笑)」などと書き込まれていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集