[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が2点三塁打! アストロズ相手の“自援護”に米女性レポーターも思わず笑う

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。1点リードの2回、第2打席で2点三塁打を放った。自らを援護する一打に米記者たちも「オオタニは信じられない」「自身を大きく援護!」と即座に反応していた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。1点リードの2回、第2打席で2点三塁打を放った。自らを援護する一打に米記者たちも「オオタニは信じられない」「自身を大きく援護!」と即座に反応していた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 打者・大谷が投手・大谷を援護した。1点リードの2回2死一、二塁。相手先発ハビエルが投じた内角96マイル(約154.5キロ)直球を引っ張った。強烈な打球を右翼線に運び、2者が生還。大谷は快足を飛ばして三塁まで到達した。地区首位の強敵アストロズからリードを広げる一打に、エンゼルスタジアムも大歓声だ。

 この一打にツイッター上の米記者、メディア関係者たちも続々と反応した。米ロサンゼルスのラジオ局「KLAA」の番組「エンゼルス・リキャップ・ポッドキャスト」でホストを務めるトレント・ラッシュ氏は「オオタニが自身を大きく援護! 2点適時三塁打! エンゼルスが3-0リード」と速報した。

 米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」のレポーターのエリカ・エストン氏も「(笑)オオタニが2点適時三塁打。彼は2回までに4奪三振もマーク。ヘイローズが3-0リード」と思わず笑ってしまった様子。さらに米テキサス州地元紙「ヒューストン・クロニクル」のアストロズ番チャンドラー・ローム記者も「ショウヘイ・オオタニは信じられない」と驚いた様子で投稿した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集