[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

部活内で“ハイレベルな競争”を実現 異色の高校が創設した「淡路プレミアリーグ」とは

昨年11月、発足からわずか3年で全国高校サッカー選手権出場にあと1勝と迫り、話題を呼んだのが兵庫県の相生学院高校サッカー部だ。淡路島を拠点に活動しており、通信制高校としての利点を活かしながら育成年代の新たな可能性を模索し続けている。そんな注目の新興チームが今、これまでのやり方を大きく変え、大人数の部員を抱えながら独自のリーグを運営し強化するという新たな挑戦に打って出た。上船利徳総監督に、「淡路プレミアリーグ」を創設した狙いについて話を聞いた。(取材・文=加部 究)

相生学院高校サッカー部内のチームごとにユニフォームも用意、部活内で「淡路プレミアリーグ」を戦う【写真:相生学院】
相生学院高校サッカー部内のチームごとにユニフォームも用意、部活内で「淡路プレミアリーグ」を戦う【写真:相生学院】

連載「相生学院高校が挑む部活革命」第2回、Jアカデミーでも起こるマンネリ

 昨年11月、発足からわずか3年で全国高校サッカー選手権出場にあと1勝と迫り、話題を呼んだのが兵庫県の相生学院高校サッカー部だ。淡路島を拠点に活動しており、通信制高校としての利点を活かしながら育成年代の新たな可能性を模索し続けている。そんな注目の新興チームが今、これまでのやり方を大きく変え、大人数の部員を抱えながら独自のリーグを運営し強化するという新たな挑戦に打って出た。上船利徳総監督に、「淡路プレミアリーグ」を創設した狙いについて話を聞いた。(取材・文=加部 究)

 ◇ ◇ ◇

 ユースが良いのか、それとも高体連か――。

 それはJリーグ創設以来のテーマだった。プロの時代の到来とともに、Jリーグはすべてのクラブにアカデミーの創設を義務づけた。プロへの近道として意識され、地域差はあってもJクラブには近隣で最も優れた選手たちが集まる傾向が強まった。こうして年代別日本代表の大半は、Jアカデミーの選手たちが占めるようになる。

 だが今度は一転して、大人に近づくにつれて高体連出身の選手たちが頭角を表し追い越すケースが多発。その象徴が、Jアカデミーでユース昇格を逃した中村俊輔や本田圭佑だった。

 Jクラブのトップ、ユース、さらには高体連でも監督経験を持つ吉永一明氏は、自著『異色の指導者』で、こう記している。

「少数精鋭のJアカデミーでは、3年間も同じメンバーで戦っていると、どうしてもマンネリ化してチーム内での立ち位置が定まってきてしまう。本当に全員の力が拮抗していればハイレベルな競争が可能になるが、なかなかそれは現実的ではない」

 中学・高校年代ともに、ほとんどが3年間の在籍を保証しているJアカデミーで熾烈な競争を維持するのは難しい。またJアカデミーでプレーをしてきても、プロまで到達するのは各クラブで1人出るかどうかだ。これではJアカデミーに進むメリットがないと感じる選手も目立つようになり、最近では卒業後の進路も自由に選択できる高体連へと進む選手も少なくない。逆に3ケタの部員が狭いレギュラー枠を競い合う高体連組の成長が加速するのは、必然という見方もできる。

1 2 3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近、選手主体のボトムアップ方式で部活に取り組む堀越高校サッカー部のノンフィクション『毎日の部活が高校生活一番の宝物』(竹書房)を上梓。『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(いずれもカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集