[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に米美女レポーターも感激 間近で見た12K&2点打「取材できるのは凄い名誉」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。打っては2回に自らを援護する2点三塁打を放ち、投げては12奪三振の力投で6回4安打1失点。球団ではノーラン・ライアン以来2人目となる4試合連続の2ケタ奪三振で、メジャー自己最多タイとなる9勝目を挙げた。大谷の快投を間近で見た米女性レポーターも「もの凄い名誉」「最前列で見られるのはラッキー」と喜んでいる。

6回12奪三振1失点の好投で9勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
6回12奪三振1失点の好投で9勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

アストロズ戦で投打の躍動

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。打っては2回に自らを援護する2点三塁打を放ち、投げては12奪三振の力投で6回4安打1失点。球団ではノーラン・ライアン以来2人目となる4試合連続の2ケタ奪三振で、メジャー自己最多タイとなる9勝目を挙げた。大谷の快投を間近で見た米女性レポーターも「もの凄い名誉」「最前列で見られるのはラッキー」と喜んでいる。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 大谷が投打の躍動でまたも連敗ストッパーになった。投手としてはこの日も奪三振ショーを展開。最速101マイル(約162キロ)の剛速球にスライダーも冴え、日本人では野茂英雄に続き2人目の4戦連続2ケタ奪三振。さらに2回2死一、二塁の打席では相手先発ハビエルの96マイル(約154.5キロ)直球を引っ張り、右翼線への2点三塁打で自らを援護した。

 地区首位の強敵アストロズを相手に7-1で勝利。投打の躍動を、フィールドレポーターとして間近に見た米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」のレポーター、エリカ・ウェストンさんは「オオタニを取材できることはもの凄い名誉。最前列でショーを見られるのはとてもラッキー」とツイッターに投稿した。

 エンゼルスは直近13試合で3勝10敗だが、3勝全てで大谷が勝利投手になっている。美女レポーターとして人気の高いエリカさんも、大谷の投打の躍動に酔いしれていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集