[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、打者の頭にない“130kmの勝負球”に米称賛「ほとんどの打者が同じ反応に…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地マーリンズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投手としては7回2安打1失点(自責点0)、10奪三振と好投し、打っては5回の第3打席で勝ち越しの2点タイムリーを放った。試合は5-2でエンゼルスが勝利し、大谷は今季8勝目。快投を支えた130キロ台の緩い変化球に米投球分析家が脚光。打者の狙いを外した投球に、米ファンからも「マジで凄すぎ」「とんでもないな」と驚きの声が上がっている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

マーリンズ戦、7回1失点10奪三振の好投で8勝目をマーク

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地マーリンズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投手としては7回2安打1失点(自責点0)、10奪三振と好投し、打っては5回の第3打席で勝ち越しの2点タイムリーを放った。試合は5-2でエンゼルスが勝利し、大谷は今季8勝目。快投を支えた130キロ台の緩い変化球に米投球分析家が脚光。打者の狙いを外した投球に、米ファンからも「マジで凄すぎ」「とんでもないな」と驚きの声が上がっている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 打者は完全に裏をかかれた。大谷の緩いボールが光ったのは6回。相手の3番クーパーにフルカウントから投じたのが、81マイル(約130キロ)のカーブだった。躍動感のあるフォームとは裏腹に、山なりの軌道でストライクゾーンに投げ込まれた一球。クーパーはこのボールが頭になかったような反応をして、見逃し三振。あっさりとベンチへ帰っていった。

 この日はカーブで緩急をつけ、マーリンズ打線を翻弄。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏は自身のツイッターに実際の映像を公開。「ショウヘイ・オオタニ、81マイルのカーブボール」と文面で伝えると、「エグい」「マジで凄すぎ」「この球には、ほとんどの打者が同じことするだろうね。何も恥ではない」「これ以上才能豊かな野球選手がいただろうか」「とんでもないな」などと米ファンのコメントが集まっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集