[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世陸リレー、サニブラウンが「2走」 土江ディレクター明言「一番彼を生かす走順」

オレゴン世界陸上(日本時間16日開幕)に出場する男子短距離の日本代表が2日、東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで練習を公開した。4×100メートルリレーと4×400メートルリレーのメンバーが参加。練習後に選手、コーチ陣が会見した。

サニブラウン・ハキームの走順は「2走」となった【写真:奥井隆史】
サニブラウン・ハキームの走順は「2走」となった【写真:奥井隆史】

世界陸上男子短距離が公開練習

 オレゴン世界陸上(日本時間16日開幕)に出場する男子短距離の日本代表が2日、東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで練習を公開した。4×100メートルリレーと4×400メートルリレーのメンバーが参加。練習後に選手、コーチ陣が会見した。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 3大会連続メダル獲得に挑む男子4×100メートルリレー。この日は100メートルで世陸に出場するサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)が不在の中、坂井隆一郎(大阪ガス)、小池祐貴、上山紘輝(ともに住友電工)、柳田大輝(東洋大)、鈴木涼太(スズキ)の5人が練習に臨んだ。本格的なバトンパスの練習はしなかったが、軽めに走りながら受け渡しを確認。各自スタート練習などで汗を流した。

 土江寛裕ディレクターは会見でチームの印象をこう説明した。

「若い選手中心で、かつ小池選手、サニブラウン選手と経験を積んだ選手もいる。経験値のある選手と若い選手の融合したバランスのいいチーム。選手たちはモチベーションを高めていると思う。とても明るいムードで試合に備えていると思う」

 気になる走順については、「ヘッドコーチにオーダーを含めて任せています」としながら、サニブラウンについてのみ「2走を考えています」と明言。「ハキームが中心選手になるので、ハキームをどう使うか。一番彼を生かす走順だと思います」と明かした。ミーティングにリモート参加したサニブラウンにも、走順は伝えたという。

 山縣亮太(セイコー)、桐生祥秀(日本生命)、多田修平(住友電工)らこれまで日の丸を背負った選手たちは、代表入りしなかった。スタートが武器の坂井が第1走者の有力候補とされている。

 フレッシュなメンバーになり、土江氏は「もちろん、リレー侍のいつもの選手がいて、彼らが組んだら簡単に完成する部分もあるけど、彼らも休みが必要。その選手たちがいたことで、これまで次の世代の選手が出てこられなかった。経験できるチャンス。(24年)パリ五輪前の世界陸上はパリ五輪に向けたシミュレーション。そうなると、今年しかチャレンジはできない」と話した。

 今回は7月1日から3日間の合宿。東京五輪は母国開催で金メダルを狙える位置だったことから、土江氏は「リレーに注力した」と説明。しかし、今大会からは「しっかり個人で戦えるように軸足を戻そうということになった。そこにもう一度立ち戻る」と過去の日本代表の方針に戻すという。

 そのため、残りの合同練習は現地のみになるが、柳田は東京五輪補欠、坂井、鈴木は世界リレーの代表だったため、日本のお家芸であるバトンパスのノウハウは掴んでいるという。土江氏は「早速昨日やりましたが、日本のバトンパスをやって、最初からスムーズにできている印象。短期間で作れそうだと思います」と語った。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集