[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

29歳青木瀬令奈「次勝てばまた人生変わる」 引退よぎった甘さ捨て、甦った勝利への執念

国内女子ゴルフツアーの資生堂レディス第3日が2日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われた。4位から出た29歳の青木瀬令奈(フリー)は、5バーディー、1ボギーの68で回って通算11アンダーとし、単独首位に立った。フェアウエーキープ率を高めるためにティーを低くする作戦が奏功。過去2勝は逆転優勝だが、最終日に向けて「自分にブレーキをかけずに逃げ切り優勝をしたい」と目を輝かせた。

資生堂レディス、通算11アンダーで単独首位に立った青木瀬令奈【写真:Getty Images】
資生堂レディス、通算11アンダーで単独首位に立った青木瀬令奈【写真:Getty Images】

資生堂レディス第3日

 国内女子ゴルフツアーの資生堂レディス第3日が2日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われた。4位から出た29歳の青木瀬令奈(フリー)は、5バーディー、1ボギーの68で回って通算11アンダーとし、単独首位に立った。フェアウエーキープ率を高めるためにティーを低くする作戦が奏功。過去2勝は逆転優勝だが、最終日に向けて「自分にブレーキをかけずに逃げ切り優勝をしたい」と目を輝かせた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 青木は1番パー4から、思い切った作戦に出た。ドライバーショットを打つ際、ティーを低く刺した。高さは地面から2~3センチ。通常の半分にしたという。

「前の日にショットが曲がっていたので、今日は曲げたくありませんでした。距離は落ちてもいいつもりで、狙ったところに打っていけた方がリズムは良くなるので」

 効果はてきめんだった。スイングはコンパクトになり、弾道は低くなったが、フェアウエー率は前日の57.14%から85.71%に浮上。ピンを狙うショット、パットのリズムも良くなり、3連続を含む5バーディーを重ねた。

 昨年6月の宮里藍サントリーレディスで約4年ぶりのツアー2勝目を飾った。くしくも同大会中に、大西翔太コーチから「練習量ではなく、どれだけゴルフに向き合えるかが大事」と言われ、目が覚めたという。

「それまでは、アスリートであっても甘さがありました。『シードを取れなかったら、引退するのかな』と考えたりしていました。でも、コーチから『やれる限りやるべき』と言われ、まずは甘さを捨てることが大事と思いました。そして、日々の反省点を書き残す懺悔ノートをつけ、練習以外の時間でもゴルフのことを考えるようにしました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集