[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織に敗戦ペール、序盤の猛攻に脱帽「とても厳しい出だし」「息もつけなかった」

錦織に敗戦ペール、序盤の猛攻に脱帽「とても厳しい出だし」「息もつけなかった」

テニスの全仏オープンは30日、男子シングルス2回戦で錦織圭(日清食品)は6-3、2-6、4-6、6-2、6-3のフルセットで世界ランク51位のブノワ・ペール(フランス)を下し、3回戦進出。大アウェーの中、2時間59分で地元選手を下した瞬間を大会公式ツイッターが動画付きで紹介するなど脚光を浴びているが、敗れたペールは錦織が試合序盤に見せた猛攻に脱帽している。フランス地元紙「レキップ」が報じている。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

敗れたペールが錦織に賛辞「自分は苦境に直面してしまった」

 テニスの全仏オープンは30日、男子シングルス2回戦で錦織圭(日清食品)は6-3、2-6、4-6、6-2、6-3のフルセットで世界ランク51位のブノワ・ペール(フランス)を下し、3回戦進出。大アウェーの中、2時間59分で地元選手を下した瞬間を大会公式ツイッターが動画付きで紹介するなど脚光を浴びているが、敗れたペールは錦織が試合序盤に見せた猛攻に脱帽している。フランス地元紙「レキップ」が報じている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 ワイルドなヒゲを蓄えたペール。2-2出迎えた最終セットの第9ゲームでフォアハンドをミスして万事休す。だが、ネット越しに錦織と固く手を握り合い、お互いの健闘を称え合った。勝者の錦織の名前がコールされると、地元ファンも日本のエースに対し、スタンディングオベーションを送っていた。

 とりわけ、圧巻だったのは、第1セットの錦織の強さだ。記事によると、ペールは「ニシコリはとても厳しい出だしだった。ベースライン付近でプレーしていたが、自分は苦境に直面してしまった。息もつけなかったんだ」と振り返り、ベースラインからのラリーで錦織は試合序盤を完全に支配していたという。

 ペールは第2セットから連取し、一時優勢に試合を進めた。しかし、崖っぷちに追い込みながら、最後は錦織の反撃に屈してしまった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー