[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥が遂にリング誌PFP1位に選ばれた理由 ラスト1票投じた編集長「彼の活躍は…」

ボクシングの世界バンタム級3団体統一を達成した井上尚弥(大橋)が、世界で最も権威ある米老舗専門誌「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)最新版で1位に選出された。階級を超えた現役最強ボクサーを決める格付けで、日本人初の歴史的快挙を達成。最終的に1位を決めた同誌のダグラス・フィッシャー編集長は「イノウエの活躍はセンセーショナル。彼のオフェンスボクシングは完璧だった」と理由を明かしている。

3団体統一を成し遂げ、高々とこぶしを挙げる井上尚弥【写真:荒川祐史】
3団体統一を成し遂げ、高々とこぶしを挙げる井上尚弥【写真:荒川祐史】

4-4で票は割れるも最後に1位票を投じた編集長の見解

 ボクシングの世界バンタム級3団体統一を達成した井上尚弥(大橋)が、世界で最も権威ある米老舗専門誌「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)最新版で1位に選出された。階級を超えた現役最強ボクサーを決める格付けで、日本人初の歴史的快挙を達成。最終的に1位を決めた同誌のダグラス・フィッシャー編集長は「イノウエの活躍はセンセーショナル。彼のオフェンスボクシングは完璧だった」と理由を明かしている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 前回ランクで3位だった井上は、1位だった3団体統一ヘビー級王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)、2位だったWBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)という世界的スターを抜き、1位に浮上。7日に再戦となったWBC王者ノニト・ドネア(フィリピン)を2回TKOで破り、バンタム級3団体統一を達成したことが最大級に評価された形だ。

 同誌によると、格付けはパネリスト9人の投票で行われたが、ウシクと井上で4-4で分かれたという。そして、最後に票を投じたのが、フィッシャー編集長。どちらに投じるか迷ったというが、井上を選び、1位が決まった。「イノウエの活躍はセンセーショナル。彼のオフェンスボクシングは完璧だった」「私は彼が順位を1つ上げることに賛成だった。1位はイノウエでもウシクでも甲乙つけがたい。どちらが1位になっても問題ない」と同氏は理由を明かした。

 リング誌PFP最新版トップ10は以下の通り。

1位井上尚弥(日本)

2位オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)

3位テレンス・クロフォード(米国)

4位エロール・スペンスJr.(米国)

5位フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)

6位サウル・アルバレス(メキシコ)

7位ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

8位ドミトリー・ビボル(ロシア)

9位ジョシュ・テイラー(英国)

10位ジャーメル・チャーロ(米国)

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集