[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、衝撃TKOの裏で軽度の故障があった 陣営が明かす「1か月前から少し痛み」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功した。WBAは7度目(正規王座を含む)、IBFは5度目の防衛に成功し、自身の持つ日本人の世界戦連勝記録を「18」に更新。4団体統一の偉業に王手をかけた。戦績は29歳の井上が23勝、39歳のドネアが42勝7敗。

日本人初の3団体王座統一に成功した井上尚弥(中央)と大橋秀行会長(左)、父の真吾トレーナーは会見でポーズを取った【写真:荒川祐史】
日本人初の3団体王座統一に成功した井上尚弥(中央)と大橋秀行会長(左)、父の真吾トレーナーは会見でポーズを取った【写真:荒川祐史】

Amazon プライム・ビデオで独占生配信

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功した。WBAは7度目(正規王座を含む)、IBFは5度目の防衛に成功し、自身の持つ日本人の世界戦連勝記録を「18」に更新。4団体統一の偉業に王手をかけた。戦績は29歳の井上が23勝、39歳のドネアが42勝7敗。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 初回は井上が手を出すと、ドネアが右ストレートや左フックを返す展開。息詰まる攻防の中、井上の右ストレートが左テンプルを貫いた。ドネアはたまらずダウン。立ち上がったが、再開直後に初回が終了した。2回も井上が左フックを浴びせてぐらつかせ、ロープ際で猛攻。反撃に出るドネアに左ボディーを入れ、さらにダメージを与えた。連打を浴びせ、最後は猛ラッシュ。左フックで2度目のダウンを奪い、ライバルを大の字に倒した。

 試合後、陣営の大橋秀行会長と父の真吾トレーナーが取材対応。大橋会長は「凄かった。ベストバウトだよね。過去にいろんな試合があったけど、それでもベストバウトだった」と興奮気味に称賛した。DeNAの今永昇太投手が無安打無得点試合を達成したニュースが耳に入っており「そっちに話題を持っていかれると思ったけど、ノーノーにも勝ったのではないか」と笑い、「尚弥のことを凄い凄いと思っていたけど、ほんとに凄かった。凄い男ですね」と繰り返した。

 一方で、強敵ドネアが相手だけに試合前には「私たち関係者の間ではヤバイという声があった」と吐露。一つは「最近戦ってきた相手の質が違う」と試合勘の差を指摘した。第1戦以降、井上は明らかな格下相手に3試合、ドネアは正規王者と暫定王者と緊迫した2試合だった。しかし、結果は圧勝となり、同会長は「でも、引き出しが違う。尚弥は強い相手を避けてきたのではなく、やる相手がいなかった」とした。

 さらに「この3試合の中では一番不安があった」と吐露した。真吾トレーナーは「調子自体はバッチリでした。けど、心配なところがあった。言ってしまえば故障のところ。悪化したら嫌だなと思っていた。1か月ちょっと前からですね」と説明。部位などは明らかにせず、はっきりとした診断名を受けるほどではないとしながら「ちょっと痛みがある」と明かした。

 今後はWBO王者ポール・バトラー(英国)との4団体統一戦が最優先。大橋会長はすぐに交渉に入る予定で「できるなら4団体統一戦。でも、相手の意向もあるので。まとまらなければ上(の階級)で。国内でも、海外でもいい」と方針を示した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集