[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

どうやって打つ? 「簡単だよ、打てないんだ」 奪三振王のフロントドアに驚愕続々

米大リーグで“奪三振王”が披露した変化球が話題を集めている。27日(日本時間28日)のレッドソックス-ブレーブス戦だ。レッドソックスの昨季の奪三振王、クリス・セール投手が、驚愕の変化量を誇る“フロントドア”を投じたシーンをMLBのスペイン語版公式ツイッターが公開。ファンの度肝を抜いている。

レッドソックスのクリス・セール【写真:Getty Images】
レッドソックスのクリス・セール【写真:Getty Images】

レッドソックスの奪三振王セール、驚異の変化量を誇る“フロントドア”を披露

 米大リーグで“奪三振王”が披露した変化球が話題を集めている。27日(日本時間28日)のレッドソックス-ブレーブス戦だ。レッドソックスの昨季の奪三振王、クリス・セール投手が、驚愕の変化量を誇る“フロントドア”を投じたシーンをMLBのスペイン語版公式ツイッターが公開。ファンの度肝を抜いている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 この1球を見れば、セールの凄さがわかる。まるでボールが意思を持っているかのように変化した。2回無死で打席にブレーブスの4番・マーケイキスを迎えた場面だ。セールが投じた初球の76マイル(122キロ)のスライダー。左打席に立った相手主砲が思わずのけぞったボールが、手元で急激に変化した。体に当たりそうなインコースのボールゾーンから、ストライクゾーンギリギリに決まったのだ。

「“最高”のムーブメント」

 MLBはこうタイトルをつけて、驚異の変化量を誇るフロントドアを公開。現地ファンも驚くばかりだった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集