[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥、王者母国メディアも圧倒的に“井上支持”「王者が勝てば歴史的偉業」

井上尚弥、王者母国メディアも圧倒的に“井上支持”「王者が勝てば歴史的偉業」

プロボクシングの前WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は25日にWBA世界バンタム級タイトルマッチ(大田区総合体育館)で同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦する。正規王者の母国、英公共放送「BBC」ではタイトル戦のプレビューを企画。解説者は満場一致で「The Monster」の絶対優位を主張している。

前WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥【写真:Getty Images】
前WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥【写真:Getty Images】

王者マクドネルの母国メディア「BBC」も井上の圧倒的有利を主張

 プロボクシングの前WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は25日にWBA世界バンタム級タイトルマッチ(大田区総合体育館)で同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦する。正規王者の母国、英公共放送「BBC」ではタイトル戦のプレビューを企画。解説者は満場一致で「The Monster」の絶対優位を主張している。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 ドバイで2週間の直前キャンプを行い、状態には絶対の自信を持っているというマクドネルだが、母国の専門家は王者に肩入れせず。井上優位を主張している。

「才能溢れる日本人ファイターと対決することは巨大な難題だ。私にとって、イノウエは地球上で最も見たいと思うファイターの1人なのだ」

 こう分析しているのはBBCのボクシング担当、マイク・コステロ氏だ。マクドネルではなく、圧倒的な強さを誇るボクサー井上に魅了されていると告白している。

 5月12日にマディソンスクエアガーデンでWBA世界ライト級タイトルマッチで3階級制覇王者のホルヘ・リナレス(帝拳)との死闘を制した「ハイテク(精密機械)」こと、世界最強王者とも呼ばれるワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)を引き合いを出し、井上を強さを高く評価している。

「我々はワシル・ロマチェンコについて何度も話題にしている。彼は7試合で2階級制覇を果たしたが、イノウエはそれを8試合で実現しているのだ」

 アマチュア時代に圧倒的な戦績を誇るロマチェンコに2階級制覇の最速記録は破られたが、実績が井上の強さを物語るとコステロ氏は主張している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー