[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡邉彩香、劇的Vパットに「あれはアッパレです」 プレーオフ2位惜敗の高橋彩華が称賛

女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディース最終日が15日、福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)で行われた。2打差の単独首位で出た28歳の渡邉彩香(大東建託)が6バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの71。通算11アンダーで並んだ高橋彩華(東芝)とのプレーオフを制した。2020年6月以来、約2年ぶりのツアー通算5勝目。粘りを見せた高橋は敗戦を振り返った。観衆は4942人。

最終日、15番グリーンに立つ高橋彩華【写真:Getty Images】
最終日、15番グリーンに立つ高橋彩華【写真:Getty Images】

ほけんの窓口レディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディース最終日が15日、福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)で行われた。2打差の単独首位で出た28歳の渡邉彩香(大東建託)が6バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの71。通算11アンダーで並んだ高橋彩華(東芝)とのプレーオフを制した。2020年6月以来、約2年ぶりのツアー通算5勝目。粘りを見せた高橋は敗戦を振り返った。観衆は4942人。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 高橋は前半で1つ伸ばすと、後半は11、12番で連続バーディー。16番でボギーをたたいたが、17、18番で再び連続バーディーを奪った。18番は6メートルのパットを沈め、粘りのゴルフで力強くガッツポーズ。2打差の単独首位で出た渡邉は前半5番までに4バーディーを奪う独走状態だったが、8番のダブルボギーから崩れ、71と伸ばしきれず。18番パー5で行われるプレーオフに突入した。

 18番パー5で行われたプレーオフ。ともに3オン2パットで2ホール目に入った。第1打は高橋がフェアウェーを捉えた一方、渡邉が右の木に当たってラフへ。第2打で今度は左ラフに入れた。高橋はグリーン手前に刻んだが、3打目を寄せられず。渡邉が10メートル超のロングパットを沈めてバーディー。大歓声の中、右拳を突き上げた。直後に高橋は8メートルのバーディーパットを決められなかった。

 高橋は清々しい表情で取材対応。渡邉がプレーオフ2ホール目で決めたロングパットについて「打った瞬間、『ラインに乗っている!』と思った。あれはアッパレですね」と笑顔で勝者を称えた。自身のプレーについては「(正規の18番で)最後のパットも入れなきゃいけないものをしっかり入れてプレーオフに持ち込めたのでよかった」と振り返った。

 苦労して初優勝。2勝目も間近に迫り「今回は追っていって追いつけた。今日のプレーはこれからの自信になる」と手応えを口にした。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集