[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

両親の離婚で「ゴルフもできない経済状況で…」 23歳植竹希望、母と一緒に涙した初V

女子ゴルフの国内ツアー・KKT杯バンテリンレディスは17日、熊本空港CC(6499ヤード、パー72)で最終日が行われ、2位で出た23歳の植竹希望(サーフビバレッジ)がツアー初優勝を挙げた。4バーディー、3ボギーの71で回り、通算8アンダーで並んだ4人のプレーオフ(PO)で勝利。1998年度生まれの黄金世代10人目の優勝者となった。

ツアー初優勝を挙げ、トロフィーを掲げて笑顔をみせる植竹希望【写真:Getty Images】
ツアー初優勝を挙げ、トロフィーを掲げて笑顔をみせる植竹希望【写真:Getty Images】

KKT杯バンテリンレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・KKT杯バンテリンレディスは17日、熊本空港CC(6499ヤード、パー72)で最終日が行われ、2位で出た23歳の植竹希望(サーフビバレッジ)がツアー初優勝を挙げた。4バーディー、3ボギーの71で回り、通算8アンダーで並んだ4人のプレーオフ(PO)で勝利。1998年度生まれの黄金世代10人目の優勝者となった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 激闘だった。ツアー通算4勝の西村優菜、同2勝の吉田優利、初優勝のかかる小倉彩愛とのPO。1ホール目でバーディーを奪えなかった西村が脱落すると、2ホール目で植竹と吉田がバーディー。小倉が脱落した。一騎打ちとなり、どちらも譲らない展開。なんと6ホール目まで続いた戦いは、最後に植竹がバーディー奪って勝ち切った。

 優勝後は涙を流し、会見では「今日一日長かったのと本当に嬉しいの一言。ずっと勝てなくて長かったので、やっと黄金世代10人目の優勝者になれてよかった」とコメント。渋野日向子、勝みなみ、畑岡奈紗、原英莉花らと同じ黄金世代。植竹は2019年8月の淺井咲希以来、2年8か月ぶりに同世代10人目の初優勝者となった。

「しんどいゴルフだった。最後は最高に気持ちよかったです。(優勝後に黄金世代から祝福を受け)6ホールも続けてずっと待っていてくれた。今まで刺激をくれた。(18番の客席で)母が目元にハンカチを当てていたので泣けてきた。母も泣いていたと思う。勝った瞬間は、まず母親の方を見てしまいました(笑)」

 2020-21年シーズンは2位1度、3位2度を含むトップ10に7度入った。今季も開幕2戦目は2位だったが、優勝はなし。昨夜はツアー通算41勝の森口祐子氏からメールをもらった。「人のことは自分の力じゃ変えられないから、自分に集中しなさい」。この日は他人のスコアを見ることなく、自分のプレーに集中。POも精神力を保ち続け、戦い抜いた。

 最近ではネットのコメントで「プレーが遅い」と指摘された。見つけた妹に知らされ、インスタグラムに見ず知らずの人からダイレクトメッセージも届いた。「そうやって思う人もいたんだなって。最初は落ち込んだけど、事実だから改善しないと自分にとってもよくない」。早めのプレーを意識したことで、体が固まる前に打てるようにもなった。

 会見では母・和美さんの話題になると、涙が止まらなかった。

「両親が(高2で)離婚してからゴルフもできなくなるくらいの経済状況だった。でも、ダブルワークしてくれて、『大丈夫、あんたはできる。好きなことをしなさい』とずっと応援してくれた。たくさん喧嘩もしたし、反抗して態度が悪いこともあった。それでもずっと裏切らないで応援してくれた。何をしても私じゃ真似できない、一番尊敬する人です」

 今後について「1勝で終わったねって言われるのは悔しい。黄金世代は海外で活躍している人も多い。早くそういうふうになれたらと思うし、追いつきたい気持ちは強いです」と意欲。母に対しても「早めに2勝目を挙げてもっと恩返しをしたい」と活躍を誓った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集