[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐々木朗希、8回降板は「賢明な判断」 米記者の反応様々「彼は20歳で将来がある」

プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手が17日、先発した日本ハム戦(ZOZOマリン)で8回打者24人に完全投球を見せた。10日のオリックス戦で完全試合を達成し、2戦連続となる“パーフェクト投球”を演じた20歳。0-0の8回で降板し、米記者は「賢明な判断」「すでに野球界の伝説になりつつある」と様々な反応を見せた。

ロッテの佐々木朗希【写真:編集部】
ロッテの佐々木朗希【写真:編集部】

佐々木朗希が今度は8回完全投球

 プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手が17日、先発した日本ハム戦(ZOZOマリン)で8回打者24人に完全投球を見せた。10日のオリックス戦で完全試合を達成し、2戦連続となる“パーフェクト投球”を演じた20歳。0-0の8回で降板し、米記者は「賢明な判断」「すでに野球界の伝説になりつつある」と様々な反応を見せた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 別次元の投球を再び披露した。初回1死で細川凌平を163キロ直球で見逃し三振に仕留めると、奪三振ショーを展開。8回まで打者24人に102球を投じ、14奪三振をマークした。しかし、打線の援護はなし。0-0のまま、9回表のマウンドには守護神の益田直也が上がった。

 8回102球を投げ、2戦連続で相手を圧倒。米記者もツイッターで続々と反応した。米スポーツ専門誌「スポーツイラストレイテッド」などに寄稿するベンジャミン・ロイヤー氏は「ロウキ・ササキの一日は終わった。千葉ロッテは0-0で9回表を迎えて、ササキは延長戦に向かうかもしれなかった。完全試合の翌週に8回パーフェクト。彼はスターであり、すでに野球界の伝説になりつつある」と令和の怪物を絶賛した。

 米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」の元記者、キム・ソンミン氏は「ササキの日は終了。8回完全だった。残念に思うかもしれないが、彼は20歳で将来がある。監督のイグチによる賢明な判断だっただろう」と井口資仁監督の決断を尊重。米テレビ局「NBCスポーツ」のクリストファー・クローフォード記者は「ササキがこの2登板で成し遂げたことの凄さを理解してくれ。全てのレベルの中で、屈指の印象的な投球だった」とつづった。

 試合は延長10回に日本ハム・万波中正の中越え弾で失点。わずか1安打の0-1で敗れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集