[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

寺地拳四朗が「変貌」を遂げるまで 最強時代を一新する葛藤、決意、そして涙の王座奪還

ボクシングのWBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)タイトルマッチ12回戦が19日、京都市体育館で行われ、挑戦者の前王者・寺地拳四朗(BMB)が王者・矢吹正道(緑)に3回1分11秒KO勝ちした。昨年9月にバッティング騒動が巻き起こり、因縁の再戦で王座奪還。本格的な練習再開からたった2か月で激変した新スタイルでベルトを取り戻した。戦績は30歳の寺地が19勝(11KO)1敗、29歳の矢吹が13勝(12KO)4敗。観衆は3800人。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

矢吹正道に3回KO勝ちし、ベルトを巻いてガッツポーズする寺地拳四朗【写真:浜田洋平】
矢吹正道に3回KO勝ちし、ベルトを巻いてガッツポーズする寺地拳四朗【写真:浜田洋平】

矢吹正道VS寺地拳四朗、因縁のダイレクトリマッチ

 ボクシングのWBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)タイトルマッチ12回戦が19日、京都市体育館で行われ、挑戦者の前王者・寺地拳四朗(BMB)が王者・矢吹正道(緑)に3回1分11秒KO勝ちした。昨年9月にバッティング騒動が巻き起こり、因縁の再戦で王座奪還。本格的な練習再開からたった2か月で激変した新スタイルでベルトを取り戻した。戦績は30歳の寺地が19勝(11KO)1敗、29歳の矢吹が13勝(12KO)4敗。観衆は3800人。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ニュー・拳四朗だ。重心を落とし、どっしりと体重の乗ったスタイル。「序盤から行く気だった」。ガードを固めて前に出た。矢吹の強打をしっかりブロック。ワンツーを返し、重みのあるパンチで揺さぶった。ジリジリと詰め寄り、王者を終始後退させる展開。相手がわずかに浮いた瞬間を逃さず、右ストレートをぶち込んだ。ワンパンKOだ。

 言葉にならない叫び声を上げ、嬉し涙が溢れ出た。リングインタビューでは、いつものフワフワとした口調で言った。

「はぁ~、良かったなぁ。みんな僕のスタイル、びっくりしたでしょ? あれが新しい作戦です」

 これまでは相手と絶妙な距離を取り、多彩なジャブで揺さぶりながらポイントを稼いだ。前がかりになった相手をカウンターで仕留め、何もさせない。8度の防衛中に何度も見せた「打たせずに打つ」スタイルだ。しかし、前回の矢吹戦はジャッジにジャブのポイントを獲ってもらえず。終盤はKOしなければ勝てない状況に追い込まれ、強引に出たところを返り討ちにされた。

「今回は本当に練習通り。(矢吹は)踏み込んで打ってくるので、なるべく重心が浮かないように気を付けた。あとは軸をぶらさないこと。前回は体が浮いてポイントを獲られた」

 変貌を遂げたスタイル。コンビを組む三迫ジムの加藤健太トレーナーは、寺地が昨秋に再起を決める前から敗戦の映像を見返して研究していた。「なんでああいう採点になったのか。はっきりさせた方がいい」。たどり着いたのは、相手のパンチを「どうもらいに行くか」という形。「いかにもらわないか」を大事にしていた過去とは真逆だ。

「前回みたいに遠い距離から打っても同じ展開になる。採点が割れたり、ジャッジの好みに任せたりするようなボクシングはしたくないので、ああいうスタイルになりました。覚悟を決めて相手を潰した方がいい。

 前回までは後ろ重心。それだとストレートをもらってしまう。左に避けることを徹底させました。左に動いたら、今度はガードが必要。(ガードをすると)前重心になる。今まではもらわないことを徹底していたけど、今回はどうもらうかを口うるさく言ってきました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集