[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

数年前は男子チーム 米トランスジェンダー女子が五輪メダリスト2人に勝利、抗議の声も

17日(日本時間18日)に米ジョージア州アトランタで行われた全米大学体育協会(NCAA)ディビジョン1の全米選手権で、ペンシルベニア大の女子競泳選手でトランスジェンダーのリア・トーマスが500ヤード自由形で優勝。昨年の東京五輪女子400メートル個人メドレーで銀メダルを獲得したエマ・ワイアントらを抑えた勝利に、米メディアが脚光を浴びせている。

全米選手権500ヤード自由形に出場したリア・トーマス【写真:AP】
全米選手権500ヤード自由形に出場したリア・トーマス【写真:AP】

NCAAディビジョン1の全米選手権でトランスジェンダーとして初の優勝

 17日(日本時間18日)に米ジョージア州アトランタで行われた全米大学体育協会(NCAA)ディビジョン1の全米選手権で、ペンシルベニア大の女子競泳選手でトランスジェンダーのリア・トーマスが500ヤード自由形で優勝。昨年の東京五輪女子400メートル個人メドレーで銀メダルを獲得したエマ・ワイアントらを抑えた勝利に、米メディアが脚光を浴びせている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 数年前まで男子チームに所属していたトーマスはレース前半、東京五輪1500メートル銀メダリストのエリカ・サリバンを追いかける展開となったが逆転。後半はワイアントと接戦を繰り広げるも、最後の150ヤードで突き放し、1秒75差をつけて4分33秒24で優勝した。

 米スポーツ専門局「ESPN」は「抗議の中、ペンシルベニア大競泳選手リア・トーマスが知られている中では初のディビジョン1全米選手権を制したトランスジェンダーのアスリートになる」との見出しで記事を掲載した。記事では「各選手への声援が観客から起きる中、トーマスの紹介時は明らかに静かだった」と紹介した。

 トーマスは、レース後「できる限り周囲の声を無視するよう努めた」「自分の泳ぎとレースへ準備するために必要なことに集中した。他のことは遮断するようにした」とコメントしたという。この日、会場の外では20人ほどの抗議グループがトーマスの大会参加に反対の姿勢を示し、「女性たちのために公平なスポーツを支持する」などとかかれたプラカードを掲げてシュプレヒコールを上げた。

 トーマスは、昨年12月の米大学大会「ジッピー・インビテーショナル」で200ヤードと500ヤードの自由形で優勝。NCAAのシーズン記録を更新した。2月に行われたアイビーリーグ選手権でも100ヤード、200ヤード、500ヤードの自由形を制していた。全米選手権では18日(同19日)に200ヤード自由形、翌日に100ヤード自由形に出場する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集