[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、「今や米国のショーヘイだ」 圧巻3連発の“二刀流の怪物”に米紙も虜

大谷翔平、「今や米国のショーヘイだ」 圧巻3連発の“二刀流の怪物”に米紙も虜

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が6日(日本時間7日)、本拠地アスレチックス戦に「8番・DH」で先発すると、2回の第1打席で中堅左へ豪快な3号ソロを放った。これで3試合連続本塁打。チームもこの一発を口火に6点のビハインドを跳ね返し、13-9で大逆転勝ち。連日の活躍ぶりに、米メディアは「今や米国のショーヘイ・オオタニだ」と絶賛。ファンのみならず、メディアの心もがっちりつかんでいる。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

3連発の大谷は米メディアのハートもがっちり、「日本の大谷は今や米国のショーヘイ」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が6日(日本時間7日)、本拠地アスレチックス戦に「8番・DH」で先発すると、2回の第1打席で中堅左へ豪快な3号ソロを放った。これで3試合連続本塁打。チームも大谷の一発を口火に6点のビハインドを跳ね返し、13-9で大逆転勝ち。連日の活躍ぶりに、米メディアは「今や米国のショーヘイ・オオタニだ」と絶賛。ファンのみならず、メディアの心もがっちりつかんでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 0-6で迎えた2回の第1打席だった。2死走者なしの場面。大谷は相手先発ゴセットの外角低め、94マイル(151キロ)のツーシームを完璧に捉えた。打球は軽々と中堅のフェンスを越えた。3試合連続の本塁打は、飛距離、137メートルの特大の一発。快音を連発する背番号17に、本拠地ファンは割れんばかりのスタンディングオベーションを送った。

 連日の活躍で、米メディアのハートをがっちりつかんだ。米地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は「日本のショーヘイ・オオタニは、いまやアメリカのショーヘイ・オオタニだ」と見出しをつけて報じている。

「チームの秘密兵器であるセンセーショナルな二刀流は、3試合連続のホームランによって歴史的な特権として彼自身を確固たる存在として正式に形成し始めている」

 オープン戦では不振で二刀流に懐疑的な見方もあったが、自らが結果を残し続けることでその存在はチームに欠かせないものになったと紹介。さらに本拠地デビュー戦から3試合で、3連続のホームランを打ったエンゼルスのルーキーは過去にいないことも伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー