[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥に“50億円決戦”参戦の打診 VSバーネットに米メディア期待「舞台は整った」

井上尚弥に“50億円決戦”参戦の打診 VSバーネットに米メディア期待「舞台は整った」

プロボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は5月25日にWBA世界バンタム級タイトルマッチ12回戦(大田区総合体育館)で同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦する。3階級制覇が期待される「The Monster」だが、賞金総額50億円ともいわれるボクシング界の一大イベント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」参戦の打診を受けているという。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

「WBSS」参戦打診と米報道…大橋会長は次戦に全力「マクドネル戦の先を見ていない」

 プロボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は5月25日にWBA世界バンタム級タイトルマッチ12回戦(大田区総合体育館)で同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦する。3階級制覇が期待される「The Monster」だが、賞金総額50億円ともいわれるボクシング界の一大イベント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」参戦の打診を受けているという。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 昨年9月にクルーザー、スーパーミドル級の8選手が参加し、開催されたWBSSは現在、決勝を残すのみ。今回は優勝総額5000万ドル(約53億円)で行われている一大イベントだが、第2回の候補として「Naoya Inoue」に白羽の矢が立ったという。

 記事によると、所属する大橋ジムの大橋秀行会長はWBSSから井上参戦に関する連絡を受けたことを認め、それは今年の年末に予定されているバンタム級のトーナメント参戦に関する打診だったという。

 しかし、現在のターゲットはマクドネルのみ。大橋会長は「我々はマクドネル戦の先を見ていません。試合後に我々は選択肢を模索することになります」と話し、まずはタイトル戦に全てを注ぐ方針という。

 記事によれば、WBSSのプロモーターのカル・サワーランド氏も第2回大会を軽量級で行う計画を披露している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー