[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

チェン、“米国世界王者”誕生に祝福続々 伝説バトン氏「クラブにようこそ!」

フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のネイサン・チェン(米国)が215.08点をマークし、世界歴代2位となる321.40点で初優勝。2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)に史上最大の47.63点差をつける圧勝を飾った。9年ぶりに誕生した米国の世界王者に対し、母国の五輪金メダリストら、先輩スケーターも「クラブにようこそ!」「君にとって多くの世界タイトルの1つ目だろう」と続々とツイッター上で祝福している。

ネイサン・チェン【写真:Getty Images】
ネイサン・チェン【写真:Getty Images】

米国から9年ぶりの世界王者誕生…母国の先輩も歓喜「誇らしいよ」

 フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のネイサン・チェン(米国)が215.08点をマークし、世界歴代2位となる321.40点で初優勝。2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)に史上最大の47.63点差をつける圧勝を飾った。9年ぶりに誕生した米国の世界王者に対し、母国の五輪金メダリストら、先輩スケーターも「クラブにようこそ!」「君にとって多くの世界タイトルの1つ目だろう」と続々とツイッター上で祝福している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 羽生結弦(ANA)が達成する前の“最後の五輪連覇王者”ディック・バトン氏は「ミランでの勝利おめでとう。(選手権メダリストだけの)クラブにようこそ!」と祝福。世界選手権は48年ダボス大会から5連覇している伝説の名スケーターは、母国の後輩が新たに世界王者の仲間入りしたことを喜んでいた。

 84年サラエボ五輪の男子金メダルのスコット・ハミルトン氏は「2018年男子フィギュア世界選手権王者おめでとう、ネイサン・チェン。君にとって多くの世界タイトルの1つ目だろうね。君は勝ち方を知っている。君は全スケート人生でそれを続けてきたんだ! 誇らしいよ」とつづっている。

 さらに、14年ソチ五輪のアイスダンス金メダルのメリル・デービスは「ネイサン世界タイトルおめでとう!!!」、平昌五輪団体戦で共闘し銅メダルを獲得したアダム・リッポンは「僕は泣いている。イエス、イエス、イエス」と感動したことをつづっている。米国からは9年ぶりに誕生した世界王者だけに、母国の先輩スケーターたちも喜びはひとしおだったようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集