[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「0→21得点」と前後半で一変 群馬キーナンが覚醒、“積極性”貫いたチームをHC称賛

バスケットボールのBリーグ群馬クレインサンダーズは11日、B1第10節の第1戦で信州ブレイブウォリアーズと対戦し、序盤にリードを許す苦しい展開ながら90-87と逆転勝利を収めた。試合後、チームを率いるトーマス・ウィスマン・ヘッドコーチ(HC)は「非常にタフな試合だった」と振り返るとともに、積極性を貫き終盤にスコアをひっくり返したチームのパフォーマンスを称えた。

21得点をマークし、チームを逆転勝利に導いたジャスティン・キーナン(左)【写真:中戸川知世】
21得点をマークし、チームを逆転勝利に導いたジャスティン・キーナン(左)【写真:中戸川知世】

Bリーグ群馬が信州に90-87と逆転勝利、ウィスマンHC「タフな試合だった」

 バスケットボールのBリーグ群馬クレインサンダーズは11日、B1第10節のGAME1で信州ブレイブウォリアーズと対戦し、序盤にリードを許す苦しい展開ながら90-87と逆転勝利を収めた。試合後、チームを率いるトーマス・ウィスマン・ヘッドコーチ(HC)は「非常にタフな試合だった」と振り返るとともに、積極性を貫き終盤にスコアをひっくり返したチームのパフォーマンスを称えた。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 前節で京都ハンナリーズに2連勝、8勝8敗と勝率を5割に戻して迎えた信州との一戦だったが、立ち上がりに思わぬ劣勢を強いられる。第1クォーターで相手に連続得点を許し、一時は11点のリードを許す苦しい展開。20-27で迎えた第2クォーターも流れは変わらず、前半を38-45で折り返した。

 そんな低調な群馬で後半、輝きを放ったのがトレイ・ジョーンズに次ぐチーム2位の得点数を誇るジャスティン・キーナンだった。第2クォーターまでは無得点に抑えられていたものの、第3クォーターで7得点を奪うと、第4クォーターでは10本のフリースロー成功を含む14得点を決めて、チームを逆転勝利に導いた。

 群馬のウィスマンHCは試合後、キーナンについて「前半は無得点となっていたが、後半は非常に重要な場面のフリースローも含めて21点。非常に素晴らしいパフォーマンスをしてくれた」と称賛。一方で、そこに至るまでにチームとして積極性を失わなかったことを強調している。

「アタックすることを忘れないように伝えてきた。我々はこの試合でフリースローを26本もらい、相手は10本。ここにアグレッシブさが出ていたと思う。そこの自分たちの強みは今後もキープしたい」

 序盤に失点が先行する展開となっても、果敢に仕掛けて流れを引き寄せた群馬。「ディフェンスの部分で修正しなくてはいけない」(ウィスマンHC)と課題はあるものの、最終的にターンオーバー12対20、オフェンスリバウンドは12対8と相手よりも良い数字を残しており、アグレッシブさが呼び込んだ逆転勝利はチームを勢いづける1勝になったはずだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集