[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本から“永久追放”のネリ、「JBCの処分はバカげている」と伝説の王者が擁護

プロボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチで山中慎介(帝拳)を2回TKOで破ったルイス・ネリ(メキシコ)。前日計量での体重オーバーで、王座をはく奪され、WBCからは無期限資格停止処分と日本ボクシングコミッション(JBC)からは日本でのボクシング活動永久停止処分を課された。

ルイス・ネリ【写真:Getty Images】
ルイス・ネリ【写真:Getty Images】

5階級制覇王者のホルヘ・アルセ氏がネリを擁護、「ルイスの身に起きたことは不公平だ」

 プロボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチで山中慎介(帝拳)を2回TKOで破ったルイス・ネリ(メキシコ)。前日計量での体重オーバーで、王座をはく奪され、WBCからは無期限資格停止処分と日本ボクシングコミッション(JBC)からは日本でのボクシング活動永久停止処分を課された。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 昨年8月にはドーピング検査で陽性反応が検出されるなど立て続けにトラブルを起こす問題児に対し、メキシコの伝説の王者が持論を展開。「JBCの処分はちょっとバカげている」と異例の擁護に出ている。米ボクシング専門サイト「ボクシングシーン.com」が報じている。

 2度に渡る愚行でボクシング界の問題児となったネリ。WBCの事情聴取を受け、改めて処分決定を待っている身だが、メキシコ人初の5階級制覇王者が擁護に出た。

「ルイスの身に起きたことは不公平だ。ウエートを作らなかったことで、みんなが無責任だと彼を呼んでいる。どれだけ我々が傷ついたのかわかっていない。水も飲めないんだ。彼はスケジュールを変更して日本に行った。本当は違うのに、彼らは悪いイメージを植え付けたんだ」

 こう持論を展開したのは元5階級制覇王者のホルヘ・アルセ氏だった。「トラビエソ(やんちゃ坊主)」の異名を持ち、2014年に現役引退したメキシコの英雄で、山中とのタイトルマッチではネリの応援のために来日していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集