[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「おかえり、ヒデキ」 松山の“ピンチ脱出パー”に米歓喜 「偉大な選手の帰還」

「おかえり、ヒデキ」 松山の“ピンチ脱出パー”に米歓喜 「偉大な選手の帰還」

米男子ゴルフのアーノルド・パーマー招待(ベイヒルクラブ&ロッジ)が15日、開幕。1か月半ぶりの復帰戦に臨んだ世界ランク6位の松山英樹(レクサス)は1イーグル、3バーディー、3ボギーの70をマーク。2アンダーで首位と6打差の22位と上々のスタートを切った。タイガー・ウッズ(米国)と同組になるなど、PGAも復帰を待望していた日本のエース。10番ホールでのナイスリカバリーをPGAツアー公式インスタグラムが動画で紹介。「おかえり、ヒデキ・マツヤマ」と復帰を祝福している。

松山英樹【写真:Getty Images】
松山英樹【写真:Getty Images】

松山は1か月半ぶりの復帰戦で2アンダーと上々の再スタート、1番ではナイスパーセーブも

 米男子ゴルフのアーノルド・パーマー招待(ベイヒルクラブ&ロッジ)が15日、開幕。1か月半ぶりの復帰戦に臨んだ世界ランク6位の松山英樹(レクサス)は1イーグル、3バーディー、3ボギーの70をマーク。2アンダーで首位と6打差の22位と上々のスタートを切った。タイガー・ウッズ(米国)と同組になるなど、PGAも復帰を待望していた日本のエース。10番ホールでのナイスリカバリーをPGAツアー公式インスタグラムが動画で紹介。「おかえり、ヒデキ・マツヤマ」と復帰を祝福している。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 松山が久々に米ツアーの舞台に帰ってきた。インからスタートし、2アンダーで迎えた1番ホールだ。松山のティーショットは左のラフへ、そしてラフからのセカンドも手を放してしまうミスショットとなり、グリーン右手前のギャラリーエリア付近のラフに打ち込んでしまった。

 だがここからが、ショートゲームに長ける松山の真骨頂だ。ラフからのランニングアプローチでピンまで約4メートルに寄せると、このパーパットを見事に沈め、ナイスパーセーブ。ギャラリーからは拍手と歓声が上がった。

 ツアー公式インスタグラムでは「これがパーの一部始終だ。おかえり、ヒデキ・マツヤマ!」とつづり、このナイスパーを公開。すると、待ってましたとばかりにファンがメッセージを書き込んでいる。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー