[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「日本で必ず盛り上がる」と選手も太鼓判 氷上のバトル「クラッシュドアイス」とは

「日本で必ず盛り上がる」と選手も太鼓判 氷上のバトル「クラッシュドアイス」とは

アイスクロスダウンヒル競技という聞き慣れないウィンタースポーツ、「レッドブル・クラッシュドアイス」が2017-18シーズン最終戦となる第4戦を3月10日にエドモントン(カナダ)で開催。日本からは常連選手で、この競技で世界ランキング10位に位置する山本純子と、Xゲームズのインラインスケートで世界タイトルを持つ安床エイト・武士の「安床ブラザーズ」が出場。本場北米の強豪選手のパワーに圧倒されたが、来シーズンは日本での開催が計画されていて、地元開催でのリベンジを誓った。

2連続ジャンプを一気に飛び越える海外の強豪選手【写真:山口和幸】
2連続ジャンプを一気に飛び越える海外の強豪選手【写真:山口和幸】

17-18シーズン最終戦で日本勢も出場、日本開催が計画される来季でリベンジへ

 アイスクロスダウンヒル競技という聞き慣れないウィンタースポーツ、「レッドブル・クラッシュドアイス」が2017-18シーズン最終戦となる第4戦を3月10日にエドモントン(カナダ)で開催。日本からは常連選手で、この競技で世界ランキング10位に位置する山本純子と、Xゲームズのインラインスケートで世界タイトルを持つ安床エイト・武士の「安床ブラザーズ」が出場。本場北米の強豪選手のパワーに圧倒されたが、来シーズンは日本での開催が計画されていて、地元開催でのリベンジを誓った。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 クラッシュドアイスとは、交通のアクセスがいい町のど真ん中に、氷のスロープをコース設営し、4人一斉にスタートして着順を競う。男女ともに2着までが勝ち上がり、最後は4選手が優勝を争う。出場選手はスケート靴をはき、アイスホッケー用の装具やダウンヒルヘルメットなどで身を固め、数メートルの落差を滑り降りたり、起伏をジャンプしてクリアしたりしていく。まさに氷上バトルだ。

 すでに8年のキャリアがある山本は、今大会で決勝進出を目指したが、準々決勝でスタート直後に転倒。ゴールまで猛追したが準決勝進出となる2着以内に入れず敗退した。

「いつも10位前後の位置にいるけど、ここから上に抜け出したい。かつては世界ランキングを上げることで精一杯でしたが、いまは優勝することでこの競技の魅力を日本のスポーツファンに知ってもらえたら」と語った。

 Xゲームで人気の安床ブラザーズの初参加は海外の強豪も注目していたが、「氷の上で滑ったのは2週間前から。同じスケートとは言えコース氷面がレースで削れたりするなど変化するので、もっと練習と経験が必要だと感じた」と兄エイト。弟武士は「Xゲームズで優勝しているから、期待のまなざしで見られるのはすごいプレッシャーでした。速い人が勝ちというシンプルなルールだから日本でやったら必ず盛り上がると感じました」とコメント。

 2018-19シーズンは日本開催が検討されていて、それを聞きつけた海外の強豪も来日を楽しみにしているという。現在は発表の段階ではないようだが、今後の展開が楽しみ。

(山口和幸 / Kazuyuki Yamaguchi)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー