[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高木美帆、圧巻の総合Vを大国オランダ紙も絶賛「一度も危険ゾーンに入らなかった」

スピードスケートの世界選手権(アムステルダム)第2日は10日、2種目が行われ、平昌五輪で金、銀、銅メダルを獲得した高木美帆(日体大助手)が4種目合計166.905点で、男女を通じ、日本勢初の総合優勝を果たした。五輪金メダル5個の女王イレイン・ブスト(オランダ)を破って達成した快挙に対し、スケート大国の地元オランダメディアも「ブストを王者の座から降ろした」「一度も危険ゾーンに入らなかった」と絶賛している。

高木美帆【写真:Getty Images】
高木美帆【写真:Getty Images】

日本人初の快挙、地元オランダメディアもこぞって特集「ブストを王座から降ろした」

 スピードスケートの世界選手権(アムステルダム)第2日は10日、2種目が行われ、平昌五輪で金、銀、銅メダルを獲得した高木美帆(日体大助手)が4種目合計166.905点で、男女を通じ、日本勢初の総合優勝を果たした。五輪金メダル5個の女王イレイン・ブスト(オランダ)を破って達成した快挙に対し、スケート大国の地元オランダメディアも「ブストを王者の座から降ろした」「一度も危険ゾーンに入らなかった」と絶賛している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 平昌五輪でメダルをコンプリートした23歳が、日本のスケート史に名前を刻んだ。500、1500、3000、5000メートルの4種目で争う今大会。総合首位で後半2種目を迎えた高木は、最初の1500メートルは1分58秒82で1位。最終種目の5000メートルは4位と奮闘し、総合優勝を射止めた。

 2位は過去6度優勝のブスト。スケート大国の英雄を、相手の“ホーム”で破る快挙となった。地元オランダメディアもこぞって取り上げている。地元紙「アルフメーン・ダッハブラット」は「タカギがブストを王者の座から降ろし、日本人初のW杯覇者となった」と特集。「ブストは4本目の距離でも奇跡を起こすことはできなかった」と母国の女王撃破を報じ、高木を称えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集