[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高木美帆、圧巻の総合Vを大国オランダ紙も絶賛「一度も危険ゾーンに入らなかった」

地元実況は接戦演出も…「実際、タカギは一度も危険ゾーンに入ることはなかった」

 前回も前半3種目が終わった時点でリードしながら、最後の5000メートルで逆転を許した高木。記事では「重圧に負けたのか、逆転を許した。しかし、今回はそのようなことは起こらなかった。オリンピックスタジアムの実況が接戦を演出しようとしていたが、実際、タカギは一度も危険ゾーンに入ることはなかった」と圧勝だったことを紹介している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 さらに、地元紙「テレグラフ」は「ブストはタカギにW杯タイトルを譲らなくてはいけなくなった」、地元紙「フォルクスクラント」は「ミホ・タカギが日本人初のW杯オールラウンド覇者になる」と特集。放送局「NOS」も「タカギが印象的なシーズンをW杯オールラウンドタイトルで締めくくった」と充実したシーズンで有終の美を飾ったことを紹介している。

 平昌五輪では金、銀、銅と3色のメダルをコンプリートし、脚光を浴びた高木。オールラウンダーとしての能力が問われる世界選手権も制し、その実力をスケート大国に認めさせた。小平奈緒(相沢病院)とともに、日本スケート界のエースとして、さらに期待がかかる。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集