[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

銅メダルの山下真瑚、トルソワ直後のベスト更新を米記者賛辞 「完璧に自分を保った」

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権(ブルガリア)は10日、女子シングルフリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の日本の山下真瑚(グランプリ東海クラブ)が自己ベスト更新の128.38点を記録。合計195.17点で3位に入った。ノーミスの演技で表彰台に上がった15歳に、海外から称賛が届いている。

山下真瑚【写真:Getty Images】
山下真瑚【写真:Getty Images】

初出場の15歳、山下が自己ベスト更新で3位 日本勢は4年連続で表彰台に

 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権(ブルガリア)は10日、女子シングルフリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の日本の山下真瑚(グランプリ東海クラブ)が自己ベスト更新の128.38点を記録。合計195.17点で3位に入った。ノーミスの演技で表彰台に上がった15歳に、海外から称賛が届いている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 初出場の大舞台で、山下が輝いた。直前にはトルソワが女子では史上初となる2度の4回転を成功させていた。ある種異様な雰囲気の中で、冒頭の3回転ルッツ-3回転トーループ-2回転トーループのコンビネーションに成功。その後もノーミスの演技で、7本のジャンプはすべてで加点された。

 パーソナルベストを大きく更新し、ロシアの2強に次ぐ3位に食い込んだ山下に対し、米名物記者のジャッキー・ウォン氏は自身のツイッターに「トルソワの後は大変だったが山下は完ぺきに自分を保った。大会の予想外、メダルとともに会場を後に!!!」とつづった。

 トルソワの異次元の演技の後という特殊な状況を跳ね返し、自らの演技をパーフェクトにこなした日本の15歳を称賛していた。

 愛知県出身で、かつては浅田真央さん、現在は宇野昌磨(トヨタ自動車)を指導する山田満知子コーチに師事。大舞台での強さもメダリストの先輩譲りだ。

 これで日本勢の表彰台は2015年から4年連続。平昌五輪に出場した宮原知子(関大)、坂本花織(シスメックス)らに次ぐ次世代のエース候補がまた一人現れた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集