[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹に1打差2位 34歳トリンゲールはアウェー覚悟も「日本の観客は礼儀正しい」

米男子ゴルフツアー日本開催大会のZOZOチャンピオンシップ第3ラウンド(R)が23日、千葉・アコーディア習志野CC(パー70、7041ヤード)で開催された。松山英樹(LEXUS)は、前半を4バーディー、2ボギーの68。通算10アンダーとして単独首位をキープした。1打差の2位キャメロン・トリンゲール(米国)は、最終Rも応援が松山に集まることを覚悟しつつ、「自分の楽しんでいることをアピールしたい」と笑みを浮かべた。

最終ホールを終え、握手を交わす松山英樹(左)とトリンゲール【写真:AP】
最終ホールを終え、握手を交わす松山英樹(左)とトリンゲール【写真:AP】

日本開催のZOZOチャンピオンシップ第3R

 米男子ゴルフツアー日本開催大会のZOZOチャンピオンシップ第3ラウンド(R)が23日、千葉・アコーディア習志野CC(パー70、7041ヤード)で開催された。松山英樹(LEXUS)は、前半を4バーディー、2ボギーの68。通算10アンダーとして単独首位をキープした。1打差の2位キャメロン・トリンゲール(米国)は、最終Rも応援が松山に集まることを覚悟しつつ、「自分の楽しんでいることをアピールしたい」と笑みを浮かべた。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 最終18番パー5。トリンゲールは第3打のアプローチをピンそばに寄せ、観客から拍手を受けた。瞬間、両手を挙げ、親指を立てるサムアップポーズで応えた。

「日本の観客はとても礼儀正しく、楽しそうにしているので、それをこちらからも返そうとしている」

 言葉通り、トリンゲールは拍手を受けるとその度にうなずき、手を挙げた。1番ホールから、同組の松山を見たさに多くの観客がついたが、その状況も大いに楽しんでいた。強風が吹く中で苦しみもしたが、18番で松山がボギーを打ち、自身がバーディーにしたことで、差は「3」から「1」に縮まった。

 だが、最終Rが「完全アウェー」になることは覚悟している。「自分に応援が向くとは思っていないけど、自分のプレーしながら結果を待つだけだよ」。世界ランク69位、ツアー未勝利の明るい34歳。松山の手強い敵になりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集