[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界体操、日本勢2人がメダル獲得 24歳萱和磨が鞍馬銀、21歳南一輝が床運動銀で奮闘

体操の世界選手権は23日、福岡・北九州市立総合体育館で種目別決勝が行われ、24歳の萱和磨(セントラルスポーツ)が鞍馬14.900点で銀メダルとなった。東京五輪で銅メダルを獲得した得意種目。21歳の南一輝(仙台大4年)が床運動14.766点の銀メダルとなり、日本勢2人がメダルを獲得した。萱は床運動14.533点で6位とし、24日にも平行棒の決勝を予定している。スティーブン・ネドロシク(米国)が15.266点で金メダルだった。

世界体操に出場した萱和磨【写真:Getty Images】
世界体操に出場した萱和磨【写真:Getty Images】

世界体操、萱和磨は中国選手と全く同じスコアで銀メダル

 体操の世界選手権は23日、福岡・北九州市立総合体育館で種目別決勝が行われ、24歳の萱和磨(セントラルスポーツ)が鞍馬14.900点で銀メダルとなった。東京五輪で銅メダルを獲得した得意種目。21歳の南一輝(仙台大4年)が床運動14.766点の銀メダルとなり、日本勢2人がメダルを獲得した。萱は床運動14.533点で6位とし、24日にも平行棒の決勝を予定している。スティーブン・ネドロシク(米国)が15.266点で金メダルだった。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 萱は途中でややバランスを崩した場面もあったが、着地まで演じきった。客席に深々と一礼。拍手を浴びると、力強く拳を握った。翁浩(中国)と並ぶ14.900点。得点が並んだ際に比較するDスコア、Eスコアもそれぞれ6.600と8.300で並び、珍しい同着でメダル獲得となった。

 萱は東京五輪男子主将として団体総合で銀メダル、種目別鞍馬で銅メダルに輝いた。世界体操は19年大会に団体総合と平行棒で銅メダル。今大会は跳馬以外の5種目にエントリーし、20日の予選は鞍馬14.933点の7位で通過し「やっぱり目指すは当然金メダル」と息巻いていた。

 南は18年大会銀メダルの白井健三以来、同種目3年ぶりとなる日本勢のメダルだった。22日に個人総合銀メダルだった東京五輪2冠の橋本大輝(順大)は、この日予定していた床運動と鞍馬の決勝を故障などを理由に棄権した。24日は鉄棒、平行棒の決勝に出場予定。内村航平(ジョイカル)も鉄棒で決勝を戦う。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集