[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【平昌 夢の跡】羽生結弦が伝説になった日 世界が「270秒の奇跡」を目撃した

【平昌 夢の跡】羽生結弦が伝説になった日 世界が「270秒の奇跡」を目撃した

平昌五輪は25日に17日間の熱戦を幕を閉じた。日本は史上最多13個のメダルを獲得し、数々の名シーンが感動を呼んだ。「平昌 夢の跡」と題し、3日間にわたり、話題を呼んだ名場面を振り返る連載を掲載。第1回はフィギュアスケート男子シングルで66年ぶりの連覇を果たした羽生結弦(ANA)だ。

金メダルを獲得した羽生結弦【写真:Getty Images】
金メダルを獲得した羽生結弦【写真:Getty Images】

「名場面総集編」―66年ぶり連覇を達成、五輪史に伝説を刻んだ羽生結弦

 平昌五輪は25日に17日間の熱戦を幕を閉じた。日本は史上最多13個のメダルを獲得し、数々の名シーンが感動を呼んだ。「平昌 夢の跡」と題し、3日間にわたり、話題を呼んだ名場面を振り返る連載を掲載。第1回はフィギュアスケート男子シングルで66年ぶりの連覇を果たした羽生結弦(ANA)だ。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 2018年、2月17日。羽生結弦は伝説になった。男子フリー。五輪シーズンに再演を決断した映画「陰陽師」の「SEIMEI」に乗せ、魂の滑りを見せた。大歓声に送られ、リンクに立った羽生。冒頭の4回転サルコーを決めると、次々とジャンプを成功させた。後半。3回転ループでバランスを崩した。しかし、羽生は必死に耐えた。支えた足は、痛めていたはずの右足だった。

 すべてを注いだ4分半。滑り終えると、リンクに何度も何度も雄叫びを上げ、感情を爆発させた。思いを抑えることができなかった。そして、右足に感謝を込め、そっと撫でた。合計317.85点。最終演技者の宇野昌磨(トヨタ自動車)が2位に入り、金メダルが確定すると、羽生の目から涙がこぼれ落ちた。真っ先に口から出たのは「ありがとうございます」の言葉だった。

 マンガ以上の奇跡のストーリーだった。昨年11月のGPシリーズNHK杯前日練習でジャンプに着氷した際に転倒。右足首の靱帯を痛め、戦列を離れた。故障直後には世界のスケーターにエールの輪が広がり、SNS上で続々と声が上がった。以来、公の場から姿を消し、リハビリに専念。GPファイナル、全日本選手権を回避し、今大会も団体戦も出場せず、すべてを連覇に捧げてきた。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー