[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

10失点惨敗のエ軍番記者、試合中に大谷翔平の動画で現実逃避「ええ、楽しんでいます」

米大リーグ・エンゼルスは21日(日本時間22日)にアストロズと対戦。大谷翔平投手に45号ソロが飛び出したものの、5-10で敗れた。中盤6回の守備を終えて10失点する展開。エンゼルス番の米番記者は、試合中に過去の大谷たちの動画を見て“現実逃避”していたようだ。自身のツイッターに実際の映像も投稿している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷が45号を放った試合は10失点したエンゼルスが完敗

 米大リーグ・エンゼルスは21日(日本時間22日)にアストロズと対戦。大谷翔平投手に45号ソロが飛び出したものの、5-10で敗れた。中盤6回の守備を終えて10失点する展開。エンゼルス番の米番記者は、試合中に過去の大谷たちの動画を見て“現実逃避”していたようだ。自身のツイッターに実際の映像も投稿している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 目を覆いたくなるのも無理はないかもしれない。5-10で敗れたアストロズ戦。連日の2ケタ失点で、チームは5連敗となった。この日は先発ノートンが2被弾。2番手オルテガは1アウトしか取れず3失点、3番手タイラーも流れを止められなかった。

 米カリフォルニア州地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者は、自身のツイッターを試合中に更新。まずは5回、過去のマリナーズ戦で大谷翔平が放ったセンターライナーの映像を公開した。アウトにはなっているが痛烈な打球で、速度は115マイル(約185キロ)だったようだ。

 文面では状況を紹介しつつ「ええ、私は楽しんでいます」「今日の試合ですが、5回で1-3で負けています」と試合結果はもはやついでのように呟いた。さらにその後、大谷が登板したホワイトソックス戦で、安打になろうかという打球を右翼手ラガレスが飛びつき、スーパーキャッチした映像も公開した。

 投稿文面には「捕球確率の話をすれば、これが今季最高のキャッチでした(捕球確率は15%)。ところで今は5回までで1-7で負けています」と記載。続く投稿で「ところでこれは4月のものです。最近ネット上のスタッツ検索システムで調べる練習をしています」と、試合そっちのけで検索の練習をしていることを明かしていた。

 現実逃避していたフレッチャー記者だが、その後エンゼルスが反撃すると試合速報を再開。大谷の45号もきっちりと報じ、試合後の記事も執筆している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集