[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜ、ザギトワは女王メドベに勝てたのか 「1.31点差」を生んだ“勝負のセオリー”

なぜ、ザギトワは女王メドベに勝てたのか 「1.31点差」を生んだ“勝負のセオリー”

平昌五輪フィギュアスケート女子の金メダル争いは、稀に見るハイレベルな戦いだった。同門のロシア選手2人が、ともに完璧な演技を披露。そして、若き五輪女王が誕生した。21日に行われたショートプログラム(SP)で82.92点の歴代世界最高得点を塗り替えて首位に立ったアリーナ・ザギトワ(OAR)は、今季シニアデビューを果たした15歳。グランプリシリーズ(GP)2戦、GPファイナル、欧州選手権と出場した大会を総なめにし、無敗で五輪を迎えた彗星は一気に金メダル候補筆頭に躍り出ていた。

アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

15歳が掴んだ金メダル…「最強プログラム」を演じ切ったザギトワの強さとは

 平昌五輪フィギュアスケート女子の金メダル争いは、稀に見るハイレベルな戦いだった。同門のロシア選手2人が、ともに完璧な演技を披露。そして、若き五輪女王が誕生した。21日に行われたショートプログラム(SP)で82.92点の歴代世界最高得点を塗り替えて首位に立ったアリーナ・ザギトワ(OAR)は、今季シニアデビューを果たした15歳。グランプリシリーズ(GP)2戦、GPファイナル、欧州選手権と出場した大会を総なめにし、無敗で五輪を迎えた彗星は一気に金メダル候補筆頭に躍り出ていた。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 五輪シーズン前の2シーズンは、ザギトワと同じコーチに指導を受けている世界選手権連覇中のエフゲニア・メドベージェワ(OAR)が主要国際大会で勝ち続けており、平昌五輪女王にはメドベージェワがなるはずだと目されていた。しかし、今季途中に右足中足骨を疲労骨折した18歳の世界女王が戦列を一時離れている間の大きな2つの国際大会をザギトワが制して、トップの序列を明け渡す格好になっていた。メドベージェワが怪我明けの復帰戦で出場した欧州選手権で今季初の対決となったが、その結果は若さと勢いがあるザギトワの圧勝だった。

 そして、迎えた平昌五輪。明らかに金メダル争いで優位に立っていたのはザギトワだったと言えただろう。メドベージェワよりも3歳若いザギトワには、若さと勢い、そしてタフな体があった。シーズンの後半戦では、ジャンプもスピンもステップも安定感が増してきて、まったくと言っていいほどぶれない演技を常に見せていた。五輪用に作った勝負プログラムは、SPもフリーでさえも、基礎点が1.1倍となる演技後半にジャンプを全て組み込んで得点を稼ぐ驚異的な演技構成を演じきった。

 フリーでプログラム後半に7本のジャンプを組み込み、すべて跳んだ選手はザギトワだけだ。4分を滑りきるだけでも相当の体力が必要で、メダル争いを繰り広げた上位勢のほとんどは後半に5本を跳ぶのが精一杯だった。プログラムのジャンプ構成だけをみても、ザギトワは大きな武器を手に入れていたことは間違いない。シーズン前半戦はこの難しいプログラムをまだ滑りこなせずにジャンプで失敗を見せていたが、試合を重ねるごとに完成度を上げてきたことは言うまでもない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー