[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

藤澤五月、敗戦後の“ある行動”に韓国も賛辞「心まで美しい」「真のスポーツ精神」

平昌五輪は23日、カーリング女子準決勝で日本は韓国に延長戦の末に7-8で惜敗し、決勝進出ならず。24日の3位決定戦でイギリスと銅メダルをかけて戦うことになった。スキップの藤澤五月が涙を流したが、敗戦直後に韓国と健闘を称え合うシーンが話題を呼んだ。韓国メディアも「真のスポーツマンシップを見せた」と称賛している。

日本は韓国に延長戦の末に7-8で惜敗【写真:Getty Images】
日本は韓国に延長戦の末に7-8で惜敗【写真:Getty Images】

日韓戦で敗れるも…韓国メディア「真のスポーツマンシップを見せた」

 平昌五輪は23日、カーリング女子準決勝で日本は韓国に延長戦の末に7-8で惜敗し、決勝進出ならず。24日の3位決定戦でイギリスと銅メダルをかけて戦うことになった。スキップの藤澤五月が涙を流したが、敗戦直後に韓国と健闘を称え合うシーンが話題を呼んだ。韓国メディアも「真のスポーツマンシップを見せた」と称賛している。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

「日本カーリング主将の藤澤五月が涙を流して話した言葉」と特集したのは、韓国紙「中央日報」だった。

 記事によると「決勝進出を逃した日本カーリング代表チームのスキップの藤澤五月が涙を流した」と藤澤が悔し涙に暮れたことを紹介。会見で「悔しいのひと言しか言えません」と話し、試合展開を振り返り、韓国チームを称えたことなどを伝えている。そして、記事で特筆していたのは、試合後のあるシーンだった。

「藤澤は競技を終えた後、韓国選手たちに近寄って先に握手を求めて、真のスポーツマンシップを見せた」

 このように記している。延長戦、7-7で迎えた運命の11エンド。最後のキム・ウンジョンのショットで試合が決すると、沸き立つ韓国の選手たちに向かい、藤澤から握手を求めた。悔しさを押し込め、素直に健闘を称え合った姿勢を「真のスポーツマンシップ」と表現している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集