[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

勝みなみ、ホールアウト時点で単独首位キープも「予選通過おめでとう。とりあえず」

女子ゴルフ国内ツアーのメジャー大会、日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯の第2ラウンド(R)が10日、茨城・静ヒルズCC(6680ヤード、パー72)で行われた。第1R単独首位の勝みなみ(明治安田生命)は、4バーディー、2ボギーの70で通算8アンダー。ホールアウト時点で首位を守ったが、自身にとって1度も予選通過がない大会ゆえに「『予選通過おめでとう』という気持ちです」と、決勝ラウンド確定を喜んだ。

勝みなみ【写真:Getty Images】
勝みなみ【写真:Getty Images】

その後に本音「メジャー大会は絶対に優勝したい」

 女子ゴルフ国内ツアーのメジャー大会、日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯の第2ラウンド(R)が10日、茨城・静ヒルズCC(6680ヤード、パー72)で行われた。第1R単独首位の勝みなみ(明治安田生命)は、4バーディー、2ボギーの70で通算8アンダー。ホールアウト時点で首位を守ったが、自身にとって1度も予選通過がない大会ゆえに「『予選通過おめでとう』という気持ちです」と、決勝ラウンド確定を喜んだ。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 ラウンド後の会見で勝は「今日はショットが右にいって、『気持ち悪いな~』と思いながらのプレーでした。耐えながらのゴルフでした。でも、バーディーも取れていたので、それは良かったと思います」と振り返った。ホールアウト時点では、単独首位をキープ。それでも、「今日は『予選通過おめでとう』という感じです。とりあえず」と言って笑みを浮かべた。

「とりあえず」の理由は、今大会を苦手にしてきたからだ。初出場の2018年大会から3大会連続で予選落ち。前日の会見でも「この時期に調子が悪くなるから」と明かしていたが、見事にそのジンクスを払拭してみせた。

 その上で「メジャー大会は選手なら誰でも取りたいですし、(優勝者の)複数年シードの規定が変わってから、『絶対に取りたい』と思うようになりました」と本音も口にした。

「規定」とは、19年に日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が、同年以降の複数年シード獲得者について、シード開始年度を権利獲得の翌年から10年のうちで、任意で選択できるように改めた(改定前は獲得翌年から発効)ことを示す。今大会の優勝者には3年シードが与えられることから、勝は「アメリカのツアーに挑戦して、帰って来た時にそれを使えたらいいじゃないですか。だから、勝ちたいです」とも言った。

 残り2日。ビッグチャンスを得た勝は、「明日もアンダーで回って、(最終日に)気持ち良く最終日を迎えたいです」と声を弾ませ、ショットの修正に取り組んだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集