[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

木戸愛、プロレスラーの父から助言「冷静にやり切れ」で復調の68「力もらえて幸せ」

女子ゴルフ国内ツアーのメジャー大会、日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯の第2ラウンド(R)が10日、茨城・静ヒルズCC(6680ヤード、パー72)で行われた。今季トップ10入りのない木戸愛(ゼンリン)が、5バーディー、1ボギーの68で回り、通算8アンダーにスコアを伸ばした。ホールアウト時点では3位タイ。2019年に9年間守った賞金シード権を失った31歳は、父でプロレスラー木戸修と4歳下の妹・侑来(ゆきな)さんのサポートが復調の力になったことを明かした。

通算8アンダーにスコアを伸ばした木戸愛【写真:Getty Images】
通算8アンダーにスコアを伸ばした木戸愛【写真:Getty Images】

4歳下の妹・侑来さんもキャディーでサポート

 女子ゴルフ国内ツアーのメジャー大会、日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯の第2ラウンド(R)が10日、茨城・静ヒルズCC(6680ヤード、パー72)で行われた。今季トップ10入りのない木戸愛(ゼンリン)が、5バーディー、1ボギーの68で回り、通算8アンダーにスコアを伸ばした。ホールアウト時点では3位タイ。2019年に9年間守った賞金シード権を失った31歳は、父でプロレスラー木戸修と4歳下の妹・侑来(ゆきな)さんのサポートが復調の力になったことを明かした。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 最終18番パー4。木戸は下り2.5メートルのパーパットを決めると、キャディーの侑来さんと笑みを交わした。16番までに5バーディーも、17番はボギー。ナイスパットで連続ボギーを回避し、トップスタートで朝6時30分からのラウンドを気持ち良く終えた。

「今日はいいショット、パットが出ていました。昨日、父から『ゴルフは良くなっている。冷静にやり切ればいい』と言ってもらい、妹と取り組んできたパッティング練習の成果が出てきました。(家族に)力をもらえて幸せです」

 無観客試合で父の姿はコースにないが、プロゴルファーのキャリアを重ねてきた侑来さんはいったん競技を離れ、帯同してくれている。自身は昨季から不振で、今季はトップ10入りもないが、「良くなることだけ考えている」とし、2週前から妹と「パッティングの出玉が良くなる練習を重ねてきました」と明かした。

「80センチ先に器具(ピン)を置いて、それに当てる練習をしてきました。夢中になると1時間くらいやっています。部屋の中でも」

 勝利は、初優勝を飾った12年シーズン以来、9年遠ざかっている。予選を終えての好成績については「予想していませんでした」と言うが、「目の前のボールをどうするかばかりを考えていたことが良かったと思います」。残り2日も欲張らず、1打に集中していく。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集