[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【競泳】2020年東京五輪へ――萩野公介が受けた新たな刺激

20161015_hagino2

2020年東京五輪へ「僕に対してのライバルみたいな子たちもいる」

「2020年に関して言えば、僕に対してのライバルみたいな子たちもいる。僕は『よし、この子たちがライバルになるんだな』と思いながら楽しく指導していました」

 萩野は少し冗談めかしながらそう語った。この日参加した子供たちの中から10代で頭角を表す選手が現れる可能性も決してゼロではない。現在も瀬戸大也という好敵手がいるが、競泳界全体の発展のために裾野の拡大こそ大切と思っているのかもしれない。

「子供たちと僕たち選手が直接触れ合ったりだとか、近くで泳ぎを教えたり、話をしたりなど水泳を通して直接コミュニケーションを取ることが重要なことかなと思うので、そういう風にできて本当に良かったと思います」

 将来を担うアスリートの卵の純粋さに「心を新たにした」と語った萩野。連覇がかかる4年後の東京五輪に向けて、新たなステップを歩み出している。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer



1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集