[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • チェンは「まるでマオ・アサダ」 米メディアも4年前の“感動の逆襲”に例えて称賛

チェンは「まるでマオ・アサダ」 米メディアも4年前の“感動の逆襲”に例えて称賛

平昌五輪のフィギュアスケート男子シングルは羽生結弦(ANA)の歴史に残る劇的な復活劇で幕を下ろした。金メダル候補だった、米国のネイサン・チェンはショートプログラム(SP)で、まさかの17位と出遅れたが、フリー1位の215.08点をマーク。合計297.35点で5位まで巻き返した。この次世代を担う18歳に対し、米放送局「NBCスポーツ」は、「マオ・アサダを彷彿とさせた」と報じている。

ネイサン・チェン【写真:Getty Images】
ネイサン・チェン【写真:Getty Images】

チェンの逆襲は「まるでマオ・アサダ」 浅田真央さんからは「最高の演技だった」と労い

 平昌五輪のフィギュアスケート男子シングルは羽生結弦(ANA)の歴史に残る劇的な復活劇で幕を下ろした。金メダル候補だった、米国のネイサン・チェンはショートプログラム(SP)で、まさかの17位と出遅れたが、フリー1位の215.08点をマーク。合計297.35点で5位まで巻き返した。この次世代を担う18歳に対し、米放送局「NBCスポーツ」は、「マオ・アサダを彷彿とさせた」と報じている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 チェンはSPではすべてのジャンプでミスが出て17位と出遅れた。それでも、フリーでは五輪史上最多の4回転ジャンプ5本を成功させる離れ業を演じ、フリーの得点では羽生を上回った。5位に巻き返したこの完璧な演技を、同局はこう称賛をもって振り返っている。

「チェンの”ほぼ完璧”なスケートは、2014年のソチ五輪で復活を遂げた日本人スケーターのマオ・アサダを彷彿とさせた。当時、2010年銀メダリストはSPでまさかの16位に沈んだ後に、フリーで強烈な演技を披露し6位までジャンプアップした」

 日本でもフリーを実況したアナウンサーが「前回の浅田真央さんを思い出すよう」と、引き合いに出したが、チェンの母国でも同様にたたえられていた。浅田さんもインスタグラムで「ネイサン!最高の演技ができて良かった!!」と労いのメッセージを送っている。

 記事では「彼にとっての2018年の冬季五輪は終わりを迎えたが、ネイサン・チェンの復活ストーリーは今まさに序章を迎えたばかりだ」と締めくくっている。次回の2022年北京大会でもまだ22歳。この過酷な経験を経て、日本勢にとって、さらに強力なライバルに成長しそうだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー