[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「大谷翔平をコテンパンに」 3三振を奪った急落変化球に米興奮「落差見て。ヤバい」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、敵地インディアンス戦に「1番・DH」で先発出場したが、4打数無安打に終わった。相手の先発右腕トリストン・マッケンジーは大谷から3打席連続の空振り三振を奪う好投。急落するカーブの動画に対し、米ファンから「オオタニをコテンパンにしたな」「落差見て。ヤバいな」と興奮した様子の声が上がっている。

インディアンズ戦に1番・DHで出場も、4打数無安打に終わった大谷翔平【写真:AP】
インディアンズ戦に1番・DHで出場も、4打数無安打に終わった大谷翔平【写真:AP】

大谷翔平から3奪三振、1失点好投を支えた変化球とは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、敵地インディアンス戦に「1番・DH」で先発出場したが、4打数無安打に終わった。相手の先発右腕トリストン・マッケンジーは大谷から3打席連続の空振り三振を奪う好投。急落するカーブの動画に対し、米ファンから「オオタニをコテンパンにしたな」「落差見て。ヤバいな」と興奮した様子の声が上がっている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 本塁打争いでトップを走る大谷をカーブで完全攻略した。初回の第1打席、24歳のマッケンジーは低めにストンと落ちる81マイル(約130.36キロ)で空振り三振。3回2死二塁の第2打席でも、追い込んでから膝元に落ちる80マイル(約128.75キロ)でバットが空を切らせた。6回2死走者なしの第3打席でも、82マイル(約131.97キロ)のカーブで空振り三振に仕留めた。

 インディアンス公式ツイッターは、マッケンジーが大谷らを完全に抑え込んだ動画を公開。「またもや傑作級の投球をし、我々の目の前で開花している。ア・リーグMVP最有力候補から3度三振奪うなど8奪三振を記録」とつづると、米ファンから「美だ」「オオタニを攻略だ」「ショウヘイから2度目の三振奪った後の喜び方が良いね」と注目を浴びている。

「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏も、動画付きで「打撃不可能な82マイルのカーブボール」とツイッターを更新。コメント欄は「えっっぐい」「オオタニをコテンパンにしたな」「落差見て。ヤバいな」「ショウヘイ・オオタニは好きだけど、ここではトリストンが彼を間抜けみたいにさせた」とコメントが寄せられている。

 マッケンジーは7回2安打8奪三振で1失点。5-1の勝利に導いた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集