[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伝説パッキャオ、26年間の変化ぶりに米脚光 面影の薄い「時間に逆らう」証拠画像とは

ボクシングのWBA世界ウェルター級タイトルマッチが21日(日本時間22日)、米ラスベガスのT-モバイルアリーナで行われる。42歳の世界6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が同級スーパー王者ヨルデニス・ウガス(キューバ)と対戦。米興行大手が26年前と今の比較画像を公開し、「時の流れに逆らい続ける」と脚光を浴びせている。

ボクシングWBA世界ウェルター級タイトルマッチに臨むマニー・パッキャオ【写真:AP】
ボクシングWBA世界ウェルター級タイトルマッチに臨むマニー・パッキャオ【写真:AP】

パッキャオの16歳頃の姿とは

 ボクシングのWBA世界ウェルター級タイトルマッチが21日(日本時間22日)、米ラスベガスのT-モバイルアリーナで行われる。42歳の世界6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が同級スーパー王者ヨルデニス・ウガス(キューバ)と対戦。米興行大手が26年前と今の比較画像を公開し、「時の流れに逆らい続ける」と脚光を浴びせている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 いまだ世界戦のリングに立つパッキャオの凄さが伝わってくる。画像の左には26年前の姿。白黒写真でファイティングポーズをとる若者には、まだ幼さが残っている。一方、右側には現在のパッキャオ。髭を生やし、しわが増え、優しい笑みを浮かべている。この間多くの死闘を演じてきた。これだけ長い間、第一線で戦っているなんて、26年前は描いていなかったはずだ。

 16歳頃と今の比較画像を公開した米興行大手「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」の公式SNSは、文面に「1995→2021 マニー・パッキャオ、時の流れに逆らい続ける!」とつづって投稿。米ファンから「レジェンド・マニー」「何というチャンピオン」「自分が生まれた時からプロなんだよね」「自分の年齢より長くチャンピオンに君臨している」と驚きの声が上がっている。

 パッキャオは2019年7月のキース・サーマン(米国)戦以来、約2年1か月ぶりの試合。レジェンドはどんな試合を見せてくれるのだろうか。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集