[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「子供は絶対に愛されるべき存在」 母になった大山加奈が2つの命と社会に持つ願い

スポーツ界を代表する元アスリートらを「スペシャリスト」とし、競技の第一線を知るからこその独自の視点でスポーツにまつわるさまざまなテーマで語る「THE ANSWER」の連載「THE ANSWER スペシャリスト論」。元バレーボール日本代表の大山加奈さんが「THE ANSWER」スペシャリストの一人を務め、バレーボール界の話題、自身のキャリアからスポーツ指導の哲学まで定期連載で発信する。

双子に指を握られる大山加奈さん、2人の子供の成長を日々感じている【写真:本人提供】
双子に指を握られる大山加奈さん、2人の子供の成長を日々感じている【写真:本人提供】

「THE ANSWER スペシャリスト論」バレーボール・大山加奈

 スポーツ界を代表する元アスリートらを「スペシャリスト」とし、競技の第一線を知るからこその独自の視点でスポーツにまつわるさまざまなテーマで語る「THE ANSWER」の連載「THE ANSWER スペシャリスト論」。元バレーボール日本代表の大山加奈さんが「THE ANSWER」スペシャリストの一人を務め、バレーボール界の話題、自身のキャリアからスポーツ指導の哲学まで定期連載で発信する。

 今回のテーマは「母になった今、我が子と社会への願い」。2月19日、双子の女児を出産した大山さん。5月から徐々に仕事を再開し、仕事と育児を両立している。すべてが初めての経験にさまざまな喜びと悩みを感じながら、日々奮闘中だ。女性の社会進出が叫ばれる今、2人の我が子への想いと社会に感じる課題について、率直な考えを明かした。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 大山さんはママになって、世の中のママへの想いに変化が生まれている。

「人を育てる、生かす。それは本当に大変なこと。世の中のお母さんたちは、とんでもないことをやってのけていると感じました。当たり前のように子育てをされるから、子供の成長も当たり前のように思えてしまいますが、そうではありません。すごく尊いことをされていると実感します」

 取材は6月。出産から4か月あまり、自身もいくつもの幸せな瞬間がある。その一つが、子供と「見えない何か」で繋がりを感じる時。「私以外の人がだっこしたら泣いているのに、私がだっこしたら泣き止んでくれることがあって」と明るく笑い、母としての喜びを明かした。

 数年間の不妊治療を経て、36歳で宿った2つの命は、多くの支えを受け、産声を上げた。

 産前の経過はほぼ良好。「双子なのにすごいね」と言われるくらい。予定日3週間前の検診で切迫早産と診断を受け、即入院となったが、その後は予定日に出産を迎え、帝王切開に。1分差で生まれてきた2人の泣き声を聞いた瞬間は「今までに経験したことがない感情」になった。

「喜びと幸せが湧いて、本当にほっとしました。無事に生まれて、無事に泣いてくれて。私も涙がぶわーっと出て、人生で一番の幸せを感じました」

 たださえセンシティブになる初産で、より不安にさせたのはコロナ禍であること。3週間の長期入院期間中も面会禁止。夫をはじめ、家族・友人とも会えず、孤独を強いられた。「毎日毎日、無事に生まれてきてくれるだろうかと不安で……」。救ってくれたのが、助産師の存在だ。

「助産師という仕事は素晴らしい仕事と思いました。助産師さんがいなければ、私たちはいないと思うと尊敬しかありません。不安を抱えながら過ごす中で仕事以外でも相談に乗り、話し相手になってくれて。本当に明るく優しい方たちばかり。心のケアをしていただき、本当に助けられました」

 感染対策により出産に夫は立ち会えなかったが、2586グラムと2606グラムの女の子はしっかりと大山さんの胸に抱かれた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集