[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦、韓国メディアも快挙を続々速報「右足にありがとう」「世界1位らしい姿」

羽生結弦、韓国メディアも快挙を続々速報「右足にありがとう」「世界1位らしい姿」

平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)は206.17点をマークし、合計317.85点。1952年のディック・バトン氏(米国)以来、66年ぶりとなる連覇の偉業を達成した。開催国の韓国メディアも続々報道。「復活した右足にありがとう」「世界ランク1位らしい姿」と称賛している。

金メダルを獲得した羽生結弦【写真:Getty Images】
金メダルを獲得した羽生結弦【写真:Getty Images】

66年ぶりの偉業達成…開催国・韓国メディアも紹介「羽生結弦、2連覇」

 平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)は206.17点をマークし、合計317.85点。1952年のディック・バトン氏(米国)以来、66年ぶりとなる連覇の偉業を達成した。開催国の韓国メディアも続々報道。「復活した右足にありがとう」「世界ランク1位らしい姿」と称賛している。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 江陵アイスアリーナに感動を巻き起こした羽生の五輪連覇。演技後にはいつも以上に多くのプーさんのぬいぐるみが投げ込まれ、銀盤を黄色く染めた。その後に訪れた王者の涙。開催国の韓国メディアも快挙を速報している。

 地元紙「スポーツソウル」は「2連覇の羽生結弦、復活した右足にありがとう」と特集。昨年11月のNHK杯前日練習で故障した羽生は昨年末のグランプリ(GP)ファイナル、全日本選手権、平昌五輪団体戦も欠場し、ぶっつけ本番で臨んでいた。

 記事では「SEIMEI」で伝説の陰陽師・安倍晴明を演じ切った後、羽生は右足を触る仕草を見せていたが、これが感謝の意思表示だったことを伝えていた。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー