[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宮原知子を労った“戦友”とは 演技後の“あまりに美しきハグ”が海外話題に

平昌五輪は11日、フィギュアスケート団体予選が行われ、女子ショートプログラム(SP)で宮原知子(関大)は68.95点で4位に終わった。ジャッジに回転不足と判断され、得点が伸びなかったが、演技後に競技者と労い合う“あまりに美しきハグ”が海外で話題を呼んでいる。

宮原知子【写真:Getty Images】
宮原知子【写真:Getty Images】

回転不足とみられ「68.95」点に終わった宮原を待っていたのはコストナー

 平昌五輪は11日、フィギュアスケート団体予選が行われ、女子ショートプログラム(SP)で宮原知子(関大)は68.95点で4位に終わった。ジャッジに回転不足と判断され、得点が伸びなかったが、演技後に競技者と労い合う“あまりに美しきハグ”が海外で話題を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 宮原は“ミス・パーフェクト”の異名に相応しい華麗な舞いを披露。冒頭の3回転ルッツー3回転トウループの連続ジャンプを見事に着氷すると、ミスのない完璧な演技を披露。滑り終わると笑顔とともにガッツポーズも飛び出した。

 キスアンドクライで表示された「68.95」というスコアを見た宮原は少し驚いた表情に。連続ジャンプで回転不足による減点となったが、海外のフィギュアファンの間では判定がSNS上で議論の的に。「サトコ・ミヤハラの得点は盗まれた」「全く正義が感じられない」などという声が上がっていた。

 そんな宮原をミックスゾーンで労った“戦友”がいた。SP2位だったカロリーナ・コストナー(イタリア)は、初の五輪の舞台を踏みしめた19歳のライバルと抱擁したという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集