[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メドベ、異次元の“レコードブレイカー”を海外も続々速報「シンプルに素晴らしい」

平昌五輪は11日、フィギュアスケート団体予選が行われ、最終種目の女子ショートプログラム(SP)でエフゲニア・メドベージェワ(OAR)が世界歴代最高の81.06点をマーク。自身初の五輪の舞台で衝撃を与えた世界女王に対し、海外メディアも「シンプルに素晴らしい」「息をのむようだ」と続々と速報している。

エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

自身の世界最高得点を更新する81.06点、海外メディアも速報「息をのむようだ」

 平昌五輪は11日、フィギュアスケート団体予選が行われ、最終種目の女子ショートプログラム(SP)でエフゲニア・メドベージェワ(OAR)が世界歴代最高の81.06点をマーク。自身初の五輪の舞台で衝撃を与えた世界女王に対し、海外メディアも「シンプルに素晴らしい」「息をのむようだ」と続々と速報している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 圧巻の舞いの反響は、一気に世界を駆け巡った。メドベージェワはショパン「ノクターン」の美しい調べに合わせ、完璧な演技を披露。キスアンドクライで表示された得点は「81.06」だった。その数字はすなわり、自身が持つ世界歴代最高得点の更新を意味していた。完全無欠の世界女王に思わず、ガッツポーズが飛び出した。

 一躍、海外ファンも「なんて凄いの!」「むせび泣いた」「フェアじゃないくらい」と海外ファンもSNS上で驚きの声を上げていたが、海外メディアも反応。公式ツイッターで、米スポーツ専門局「NBCスポーツ」は「シンプルに素晴らしい」、英公共放送「BBC」は「息をのむようだ」と速報し、「米ヤフースポーツ」は「ワオ、エフゲニア・メドベージェワ!」と感嘆を表現した。

 右足甲の骨折から復帰2戦目で別次元の演技を披露し、これまで幾度も世界記録を更新してきた“レコードブレイカー”ぶりを発揮したメドベージェワ。しかし、本当の勝負はシングルだ。今度はどんな舞いで世界を魅了してくれるのか。楽しみはまだ残っている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集