[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • スウェーデンが金1号、地元韓国も21歳の新鋭が金

スウェーデンが金1号、地元韓国も21歳の新鋭が金

平昌五輪第2日の10日、5つの競技で決勝が行われ、メダルが決まった。

金メダル第1号となったクロスカントリー女子スキーアスロンのハロッテ・カッラ【写真:Getty Images】
金メダル第1号となったクロスカントリー女子スキーアスロンのハロッテ・カッラ【写真:Getty Images】

スピードスケートではオランダ勢が表彰台独占 開催国・韓国、ドイツが金メダルを手に

 平昌五輪第2日の10日、5つの競技で決勝が行われ、メダルが決まった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 金メダル第1号は、クロスカントリー女子スキーアスロン(15キロ)のハロッテ・カッラ(スウェーデン)が手にした。開催国、韓国のメダル1号はショートトラック男子1500メートルのイム・ヒョジュンの金メダル。3位にはセミョン・エリストラートフが入り、ロシアからの五輪選手(OAR)として初のメダルを獲得した。

 日本勢のメダル獲得が期待されたスピードスケート女子3000メートルはカーリーン・アフトレークテ以下、オランダ勢が表彰台を独占。バイアスロン女子7.5キロスプリントでは、ラウラ・ダールマイアーが優勝しドイツが最初の金メダルを手にした。

 スキージャンプ男子ノーマルヒル決勝も、ドイツのアンドレアス・ウェリンガーが優勝した。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー