[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ノーマルヒル決勝は「0時19分の午前様決着」 葛西は21位 小林陵は7位入賞!

平昌五輪は10日、スキージャンプ男子ノーマルヒル決勝が行われ、冬季五輪史上単独最多8度目の出場となった葛西紀明(土屋ホーム)は2本合計213.3点で21位だった。

ノーマルヒルで入賞を果たした小林陵侑【写真:Getty Images】
ノーマルヒルで入賞を果たした小林陵侑【写真:Getty Images】

葛西は21位、小林陵が7位入賞!

 平昌五輪は10日、スキージャンプ男子ノーマルヒル決勝が行われ、冬季五輪史上単独最多8度目の出場となった葛西紀明(土屋ホーム)は2本合計213.3点で21位だった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 1本目、30番目に登場したレジェンドは104.5メートルで、113.9点の16位で2本目に進出。2本目は99メートルと伸ばせず、99.4点にとどまった。2本ともやや踏み切りが遅れ、得点も伸び悩んだ。

 葛西は1992年のアルベールビル大会で五輪デビュー。以来、一度も代表落ちすることなく出場を重ね、今回で7度で並んでいたリュージュのアリベルト・デムチェンコ(ロシア)を抜き、冬季五輪史上最多の8大会連続8度目出場という偉業を打ち立てていた。

 飛躍したのは葛西の24歳下、21歳の小林陵侑(土屋ホーム)だ。2本とも108メートルをそろえ、合計240.8点で7位。入賞を決めた。また小林陵が2本目を飛んだのが、午前0時7分、競技終了が0時19分、実に3時間近い熱戦だった

 その他の日本勢は、伊東大貴(雪印メグミルク)は2本合計214.7点で20位、小林潤志郎(雪印メグミルク)は1本目93.0mで98.8点で31位。2本目に進めなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集