[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 葛西紀明は「憧れの大物」 海外選手が感銘を受けた競技前の“ある姿”とは

葛西紀明は「憧れの大物」 海外選手が感銘を受けた競技前の“ある姿”とは

平昌五輪のスキージャンプ男子ノーマルヒル予選で冬季五輪史上単独最多となる8度目の出場を果たした葛西紀明(土屋ホーム)。92年のアルベールビル大会から8大会連続で出場を続ける45歳について、米メディアは「ロックスター」と称し、米国選手が競技前の“ある姿”に感銘を受けたことを紹介している。

葛西紀明【写真:Getty Images】
葛西紀明【写真:Getty Images】

史上最多8度目の出場、米メディアも称賛「楽しむ姿勢こそ日本のスターの原動力」

 平昌五輪のスキージャンプ男子ノーマルヒル予選で冬季五輪史上単独最多となる8度目の出場を果たした葛西紀明(土屋ホーム)。92年のアルベールビル大会から8大会連続で出場を続ける45歳について、米メディアは「ロックスター」と称し、米国選手が競技前の“ある姿”に感銘を受けたことを紹介している。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 米紙「USAトゥデー」は「冬季五輪において、男子ノーマルヒルほど不適切につけられた名前はない。なぜなら、それが全くもって“ノーマル”ではないからだ」と記し、葛西の五輪史上最多となる8度目の五輪出場という偉業を特集している。

「照らし出すライトのもと、急激な坂から時速60マイルで体を飛ばし、その距離はサッカーグラウンドをも超える長さだ。そんな難関を、スキー板よりも少し背丈が大きい程度のロックスターな45歳はやってのけている」

 日本のレジェンドについて「ロックスター」と評し、45歳でもスキージャンプという競技と向き合い、空を飛び続ける姿勢に賛辞を送っている。尊敬の眼差しはスキー界のライバルからも送られているという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー