[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 冷めない「エリア51」の衝撃 イチロー、1年目の“もう一つのレーザービーム”に脚光

冷めない「エリア51」の衝撃 イチロー、1年目の“もう一つのレーザービーム”に脚光

マーリンズからフリーエージェント(FA)となり、去就が注目されているイチロー外野手。メジャー18年目を前に偉大なキャリアがたびたび脚光を浴びているが、MLB公式Youtubeチャンネルは1年目に演じ、実況が「とんでもないショー」と大興奮となったスーパー送球を動画で紹介。デビュー直後に話題を呼んだそれとは違う“もう一つのレーザービーム”が再び、脚光を当てられている。

イチロー【写真:Getty Images】
イチロー【写真:Getty Images】

1年目のスーパー送球をMLB公式が公開…実況興奮「とんでもないショー」

 マーリンズからフリーエージェント(FA)となり、去就が注目されているイチロー外野手。メジャー18年目を前に偉大なキャリアがたびたび脚光を浴びているが、MLB公式Youtubeチャンネルは1年目に演じ、実況が「とんでもないショー」と大興奮となったスーパー送球を動画で紹介。デビュー直後に話題を呼んだそれとは違う“もう一つのレーザービーム”が再び、脚光を当てられている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 どれを取っても一級品。今見ても興奮が甦ってくるイチローのスーパー送球が紹介されたのは、2001年9月8日のオリオールズ戦だった。

 6-1とリードして迎えた5回2死二塁。右打者ヘアストンが右腕ピネイロの外角高め直球を放ち、ライト前に運んだ。これに反応したのが、背番号51だった。やや深めに守っていたイチローは俊足を生かして前進し、捕球すると勢いそのままに右腕を振り抜いた。放たれた矢のような送球は猛烈なスピードでホームへ。捕手の手前でワンバウンドし、見事なストライク送球だ。

 一気に本塁を狙った二塁走者バティスタは懸命に疾走も、捕手のスムーズな捕球からタッチで「これしかない」という完璧なタイミングでアウトにしてみせた。これには日の丸も揺れる中、地元のファンも総立ちで熱狂。実況は「日本からやってきた男がとんでもないショーを演じました!」などと絶叫し、大興奮でまくしたてていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー