[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 死角から強烈な“悪魔の一撃” 英ボクシング界で起きた衝撃KOパンチが話題

死角から強烈な“悪魔の一撃” 英ボクシング界で起きた衝撃KOパンチが話題

これぞ一撃必殺――。英国のボクシングの試合で起きた衝撃のKO劇が話題を呼んでいる。英衛星放送「スカイ・スポーツ」の公式ツイッターが動画付きで紹介している。

ニック・ウェブのKO劇が話題に【写真:Getty Images】
ニック・ウェブのKO劇が話題に【写真:Getty Images】

食らった相手は大丈夫? 心配になるほど、強烈すぎる右フック

 これぞ一撃必殺――。英国のボクシングの試合で起きた衝撃のKO劇が話題を呼んでいる。英衛星放送「スカイ・スポーツ」の公式ツイッターが動画付きで紹介している。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 2月3日(日本時間4日)に英国で行われた一戦。戦慄のKO劇を見せたのは、英国のヘビー級ボクサー、ニック・ウェブだ。2ラウンド、残り30秒を切った場面。相手のクロアチア人ボクサーの左のジャブをかいくぐった瞬間、右のロングフックを一閃。顔面をとらえると、相手はまるで糸の切れた操り人形のようにマットにぐにゃり。大の字になり、体を起こすことすらできなかった。

 完全に死角の、さらに外からの悪魔のような一撃。見てる側が、思わず顔をそむけたくなるほどの戦慄のKOシーンだった。勝者のウェブは、強打のハードパンチャー。これで12勝(10KO)と無敗記録を伸ばした。

 スカイ・スポーツによれば、ウェブは、同じ英国人ボクサーの新鋭、デイブ・アレンとの対戦を熱望している模様。「もし俺たちがリングで出会えば、それは俺がアレンを静かにさせる準備ができたということだ」。ウェブは試合前から「右腕だけで、アレンを深い眠りへと送り出すことに断固たる決意を示していた」という紹介している。

 ボクシングの魅力はなんといっても、ど派手なKO劇。日本でもWBCフライ級王者・比嘉大吾(白井・具志堅)が先日のタイトルマッチで1回2分32秒で衝撃のKO勝ち。日本記録に並ぶ15戦連続KOを達成し、大きな反響を呼んだばかりだった。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー