[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

飯塚翔太、30歳初200mで組1着「結構疲れた」 100m優勝の多田修平に「乗っかりたい」

東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が26日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子200メートル予選では飯塚翔太(ミズノ)が20秒86(追い風0.8メートル)の組1着で決勝に進出した。決勝は27日午後5時50分から行われる。

男子200メートル予選、20秒86の組1着で決勝に進出した飯塚翔太【写真:編集部】
男子200メートル予選、20秒86の組1着で決勝に進出した飯塚翔太【写真:編集部】

陸上・日本選手権

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が26日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子200メートル予選では飯塚翔太(ミズノ)が20秒86(追い風0.8メートル)の組1着で決勝に進出した。決勝は27日午後5時50分から行われる。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 今大会での五輪内定には、参加標準記録20秒24を切った上で3位以内が条件。大会前までサニブラウン・ハキーム、小池祐貴の2選手が同記録を突破済みだった。この日は、サニブラウンが左太腿裏の違和感で欠場を発表していた。

 第2組で登場した飯塚はレース終盤にトップに立ち、20秒86で組1着。レース後の会見では「スタートから60メートルのところでスピード上げたかった。後半、しっかりリードできたのでよかった」と振り返った。

 レース展開については「結構疲れましたね……」と一言。自己ベストは16年に出した20秒11で、「タイムも、自分としては速くはないタイムなんですけど、疲労が来てしまった。予選と決勝ではガラッと変わることもあるので、決勝では変わるように準備したい」と前を見据えた。

 飯塚は昨年10月の日本選手権で優勝。今年4月の中部選手権は20秒52(追い風1.3メートル)、5月3日の静岡国際で20秒52(向かい風0.5メートル)、同9日の五輪テスト大会は20秒48(追い風1.4メートル)だった。16年リオ五輪4×100メートルリレーでは、第2走者として銀メダル獲得に貢献している。

 3大会連続の五輪出場を目指しており、今大会の目標は参加標準記録を切ったうえでの優勝だ。昨日が30歳の誕生日だったが「歳がレベルと思って前向きにやりたい」と笑顔。前日の25日、男子100mで優勝した多田修平(住友電工)も、24日が25歳の誕生日だったため「バースデーラン。自分もそれに乗っかれるように頑張りたい」と語った。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集